中国軍 インド軍 衝突映像が話題沸騰!中国軍は?★画像・動画★ネットの声は?

中国軍 インド軍 衝突映像がネット上で話題沸騰しています。

目次
スポンサーリンク

中国軍 インド軍 衝突映像の概要は?中国軍は?

中国軍 インド軍 衝突映像のニュースが次のように報道されています。

中国軍は相手が実効支配線を越えてテントを建て、数人で交渉に向かった中国側に対して鉄の棒や石を手に数倍の人数で攻撃してきたと主張しています。

 中国軍は、去年6月に起きたインド軍との衝突の映像を公開しました。4人の兵士が死亡していた事実も初めて公表しています。

 中国軍によりますと、映像は去年6月に中国西部とインド北部にまたがるガルワン渓谷で起きた衝突の様子だということです。

 中国軍は相手が実効支配線を越えてテントを建て、数人で交渉に向かった中国側に対して鉄の棒や石を手に数倍の人数で攻撃してきたと主張しています。

 映像では、血まみれで手当てを受ける兵士の姿も確認できます。

 ただ、中国軍はインドの名指しは避け、「外国の軍隊」とだけ説明しています。

 4人死亡の発表も今回が初めてで、国内でインドへの反発が高まり対立がエスカレートしないよう配慮する姿勢もうかがえます。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

中国軍 インド軍 衝突映像が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の中国軍 インド軍 衝突映像に関しての画像や動画です。

中国軍 インド軍 衝突映像の動画をどうぞ。

中国軍、インド軍との衝突映像を公開 兵士4人死亡

スポンサーリンク

中国軍 インド軍 衝突映像のネットの声は?

中国軍 インド軍 衝突映像のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「インド側はどういう反応、報道をしているのだろうか。報道するなら双方の情報を示すべきだと思うけど。」という意見と
「国境、領土を守るとは本来こういうもの
日本人はこの姿勢や気持ちが必要だし、こうしなければ領土を守れない

今のままの日本では領土は守れないだろう」という意見と
「少し前の報道で石や棒で殴りあって死亡者が出たと報道していたがこういう地形だったのか。
いつの時代の戦い方だよと思っていたが納得した。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「兵器や重火器は使えない。
歯止めが効かなくなるし、下手したら小競り合いが戦争開始の引き金になる。

中国もインドも上層部はそれがわかってるから使用どころか持ち出しまで禁止してる。
だから結局こういう風に”こん棒”で殴り合うって原始時代レベルの争いしかできない…」
「陸で繋がっているから領土係争も血生臭く熾烈を極めているようだね
宣戦布告していないだけで実際は小競り合いを繰り返しているに等しい
そういう意味では領海・領空侵犯程度で済んでいる日本はまだ恵まれている
海という自然の障壁が如何に強力な守りなのかを示すものだ
海水によって物理的に国境から隔離されている事で緩衝地帯が出来上がっている」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

中国軍 インド軍 衝突映像おわりに

今回は中国軍 インド軍 衝突映像に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の中国軍 インド軍 衝突映像は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回中国軍 インド軍 衝突映像について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

中国軍 インド軍 衝突映像の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

中国軍 インド軍 衝突映像の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる