中国 一帯一路が話題沸騰!バイデン大統領は?★画像・動画★ネットの声は?

中国 一帯一路がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

中国 一帯一路の概要は?バイデン大統領は?

中国 一帯一路のニュースが次のように報道されています。

バイデン大統領は米中の対立と競争を民主主義と専制主義の競争だと位置付けていて、経済圏の拡大を巡るせめぎ合いも激しくなりそうです。

 アメリカのバイデン大統領は中国の経済構想「一帯一路」に対抗するため、民主主義国家が連携する経済構想を提案する考えを明らかにしました。

 バイデン大統領は26日、イギリスのジョンソン首相との電話会談で中国との競争関係や一帯一路について話し合ったと述べました。

 そのうえで一帯一路に対抗するため、民主主義国家による同様の経済協力の枠組みを提案したことを明らかにしました。

 途上国の支援を通じた取り込みで、中国に対抗する目的とみられます。

 バイデン大統領は米中の対立と競争を民主主義と専制主義の競争だと位置付けていて、経済圏の拡大を巡るせめぎ合いも激しくなりそうです。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2021

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

中国 一帯一路が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の中国 一帯一路に関しての画像や動画です。

中国 一帯一路の動画をどうぞ。

中国「一帯一路」に対抗 米大統領が経済構想を提案

スポンサーリンク

中国 一帯一路のネットの声は?

中国 一帯一路のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「アメリカの長期にわたる経済構想は、大統領が交代すればすぐに崩れると思います。Tpp構想はもう少しで、アメリカの加入で一応の形ができ、中国包囲網が整ったはずなのに、トランプ元大統領の狭い了見で止まりました。長期の構想より3~4年で成果の出る軍事圧力が良いと思います。」という意見と
「アメリカは軍事構想なら実現できると思うが、経済構想の実現が無理と思う。なぜなら、他の国を潰すのはアメリカが得意だが、他国の発展は許さない国だからだ。」という意見と
「日本も入った新たな経済圏構築に大賛成だ。中国がGDP世界一になったら威張るだけならいいが、何でも思い通りになると勘違いするだろう。アメリカには出来るだけ大きな経済圏を作ってもらって、これ以上中華圏が拡大しないようにしてほしい。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「二番煎じみたいなことやってもアチラは先手打ってしまっているので、かなりインパクトのある対策が必要ですね。
無血開城できるくらいの奇策を期待します。」
「素晴らしいね!早くやろう。まずは先進国の自由民主主義国が結束してココム規制を復活させよう。中国マーケットを失う分、中国メーカーに奪われていた自由民主主義国のマーケットが戻ってくるから間違いなくマーケット規模はそちらの方が大きい。車業界以外の企業は大喜びのはずだ。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

中国 一帯一路おわりに

今回は中国 一帯一路に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の中国 一帯一路は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回中国 一帯一路について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

中国 一帯一路の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

中国 一帯一路の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事