来年度 国民負担年額1万円超にが話題沸騰!経済産業省は?★画像・動画★ネットの声は?

来年度 国民負担年額1万円超にがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

来年度 国民負担年額1万円超にの概要は?経済産業省は?

来年度 国民負担年額1万円超にのニュースが次のように報道されています。

経済産業省はその上乗せ額が来年度は標準的な家庭(1カ月の使用量260キロワットアワー)で年額1万476円になると発表しました。

 太陽光や風力などの再生可能エネルギーの普及のため電気料金に上乗せされる負担が増えて、来年度、標準的な家庭で初めて年1万円を超す見込みとなりました。

 再生可能エネルギーから生み出された電気は、大手電力会社が国の決めた価格で買い取ることが義務付けられていて、その費用の一部が電気料金に上乗せされています。

 経済産業省はその上乗せ額が来年度は標準的な家庭(1カ月の使用量260キロワットアワー)で年額1万476円になると発表しました。

 脱炭素社会に向けて再生可能エネルギーの比率が上がることから、今後、国民負担は一段と増えることが予想されますが、再エネの買い取り期間は20年で終わるため、今後10年でピークを迎える可能性もあるということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

来年度 国民負担年額1万円超にが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の来年度 国民負担年額1万円超にに関しての画像や動画です。

来年度 国民負担年額1万円超にの動画をどうぞ。

再エネ比率アップで来年度の国民負担年額1万円超に

スポンサーリンク

来年度 国民負担年額1万円超にのネットの声は?

来年度 国民負担年額1万円超にのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「来年はこんなものじゃ済みませんよ。小泉スプーン大臣が環境環境と進めているが国民負担は増加する一方です。
安価で安定的なベースロード電源を決める必要があります。そこから逃げるのは政治家とは呼べない。」という意見と
「結局、緊縮財政のはなし。
一部の利得権益者のために、なぜ、国民が負担しなければいけないのか。」という意見と
「高コストで非効率的な再エネのコストを国民に転嫁するのはやめてほしいです。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「色々な物が値上がりしている時にこの電気代の値上がりは低所得者にはきついだろうね。
電気代が高く成れば他の物も値上がりするだろうね。」
「小泉は何でもかんでも
国民負担にし過ぎてる
まぁ秋には自民党は野党なんで
好きに言ってればいいけどな」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

来年度 国民負担年額1万円超におわりに

今回は来年度 国民負担年額1万円超にに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の来年度 国民負担年額1万円超には話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回来年度 国民負担年額1万円超にについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

来年度 国民負担年額1万円超にの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

来年度 国民負担年額1万円超にの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事