中国 数えた分だけ ボーナスが話題沸騰!夢のようなイベント?★画像・動画★ネットの声は?

中国 数えた分だけ ボーナスがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

中国 数えた分だけ ボーナスの概要は?夢のようなイベント?

中国 数えた分だけ ボーナスのニュースが次のように報道されています。

クレーンなどを製造・販売する会社が行った、まさに夢のようなイベント。一番多い人は、日本円で165万円以上を手にしたということです。

机の上に置かれた大量の紙幣。その周りにはひたすら紙幣を数える人たちの姿が。実はこれ、中国の企業で行われた表彰式での一幕なのです。

行われていたのは、制限時間内に数えた紙幣の枚数を競うイベント。このイベントに参加した社員は、なんと数えた現金をボーナスとしてもらえるというのです。ただし、紙幣1枚間違えるごとにもらえる金額は10枚分減額に。そのため、参加者の表情は真剣そのものです。

会社関係者「(会社の)トップが要求しているのは、質、スピード、効率です。お金を数えることは質と効率を求めることにつながるからです」

クレーンなどを製造・販売する会社が行った、まさに夢のようなイベント。一番多い人は、日本円で165万円以上を手にしたということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

中国 数えた分だけ ボーナスが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の中国 数えた分だけ ボーナスに関しての画像や動画です。

中国 数えた分だけ ボーナスの動画は以下から確認をお願いします。

山積み現金“数えた分だけ”ボーナス 中国

スポンサーリンク

中国 数えた分だけ ボーナスのネットの声は?

中国 数えた分だけ ボーナスのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「なんか、バブル期の日本を見るようでちょっとおもしろい。
ボーナスの封筒が横にしたら立ったとか、そういうのと似たにおいを感じる。」という意見と
「一代で会社を大きくした、破天荒な経営者が現役なんだろう。

経済成長を終えた日本は、サラリーマン経営者ばかりだから、こういうキテレツな事は出来ない。」という意見と
「札幌の狸小路という商店街では、もう70年くらい現金つかみ取りという夢のようなイベントをやってます。こっちはつかまないけど、それ思い出した。一回でいいからやってみたいな。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「一番多くもらった人が165万円。現在の為替レートが1元=16.49円だから
ちょうど10万元になる。
映像にあるように中国の最高額紙幣は100元なので、10万元もらった人は1000枚の紙幣を数えたことになる。
銀行員なら10分くらいで数えられるのだろうか?」
「団塊世代です。地方公務員になったときは、田中角栄の日本列島改造論で高度成長時代、給与は現金支給で多い時は年30%近く上がりました。退職間際の職員の給料袋は本当に縦に立っていたことを思い出しました。札を数えるのは、日本の銀行員が一番早い。札勘の訓練を徹底してやっていますから、今は札勘やっているか分かりませんけど?」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

中国 数えた分だけ ボーナスおわりに

今回は中国 数えた分だけ ボーナスに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の中国 数えた分だけ ボーナスは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回中国 数えた分だけ ボーナスについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

中国 数えた分だけ ボーナスの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

中国 数えた分だけ ボーナスの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事