東京 3月7日で解除方針が話題沸騰!政府の分科会も?★画像・動画★ネットの声は?

東京 3月7日で解除方針がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

東京 3月7日で解除方針の概要は?政府の分科会も?

東京 3月7日で解除方針のニュースが次のように報道されています。

政府の分科会も、「卒業旅行や謝恩会、歓送迎会などは控えて」、そして「お花見は宴会なしで」など、解除後も自粛を呼びかけている。

新型コロナウイルスの緊急事態宣言について、政府は26日、大阪や愛知など、6つの府と県を2月末で先行解除することを決定する。

ここで、3月7日で解除される方針の東京の状況を見てみる。

緊急事態宣言が再発令された1月7日の2,520人をピークに減少し、2月の7日からは、19日間連続で500人を下回っている。

しかし、ここに来て、減少のペースは鈍くなっている。

今、懸念されているのが、春のリバウンド。

2020年春の第1波でも、年度替わりやお花見の時期と重なった3月の下旬から4月上旬に感染者が急増した。

小池知事も、「何らかの手を講じなければ、あっという間にリバウンドする」と警戒感を示している。

また政府の分科会も、「卒業旅行や謝恩会、歓送迎会などは控えて」、そして「お花見は宴会なしで」など、解除後も自粛を呼びかけている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

東京 3月7日で解除方針が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の東京 3月7日で解除方針に関しての画像や動画です。

東京 3月7日で解除方針の動画は以下から確認をお願いします。

3月7日で解除方針の東京 心配...春のリバウンド

スポンサーリンク

東京 3月7日で解除方針のネットの声は?

東京 3月7日で解除方針のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「元々「第一次緊急事態宣言」に比べれば、部分的で内容も弱い「第二次緊急事態宣言」ですから、これを2か月近く続けても、東京都の感染状況の改善は必ずしも十分には進みませんでした。全国的には2月初めから「単調減少」と言える状態になっている「重症者」数も、同都に関してはなお数字の「あばれ」が見られ、また「感染死者」数も、重症者数より大きな数字の「あばれ」が見られます。この状態で3月7日限りで同宣言の解除がなされれば、春季の人出の増加は間違いなく起き、おそらくゴールデンウイークの頃には、昨年の「感染第2波」と呼ばれる世界的にも珍しい「夏季の感染拡大」と似た「温暖期の感染拡大」が起きることでしょう。いずれにせよ、今夏に東京五輪・パラリンピックを開催できるような感染状況にはなりません。」という意見と
「出た!新しいワード「春のリバウンド」
締め付けてから緩めれば当然予想されてたことを今更持ち出してまた不安を煽る。
大体締め付けた際に出口戦略を考えてないから「思いつき」と見透かされて飽きられ、言うことを聞かなくなるのですよ。
それをこっちのせいにされてもねぇ。」という意見と
「若者を悪玉に仕立てているだけで本当に呼び掛けるべき人達に何も呼び掛けていないからだろ?そんなに大票田の高齢者を刺激するのが怖い?」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「小池応援団大活躍。ひどいね、まともな意見がどんどん増えるアオポチ。もう判っているんですよ。世論誘導しようとも事実は曲がらない。」
「春のリバウンドって、「メタボ対策」じゃあるまいし。
もはやこんな陳腐なフレーズでしか恐怖心を煽れないということ。
いい加減専門家集団は負けを認めて黙ってくれよw」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

東京 3月7日で解除方針おわりに

今回は東京 3月7日で解除方針に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の東京 3月7日で解除方針は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回東京 3月7日で解除方針について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

東京 3月7日で解除方針の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

東京 3月7日で解除方針の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事