アメリカ 麻薬 コーンフレークが話題沸騰!荷物は?★画像・動画★ネットの声は?

アメリカ 麻薬 コーンフレークがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

アメリカ 麻薬 コーンフレークの概要は?荷物は?

アメリカ 麻薬 コーンフレークのニュースが次のように報道されています。

荷物は南米・ペルーから発送されていて、最終目的地は香港の個人宅になっていたということです。

 アメリカで砂糖の代わりに麻薬をまぶしたコーンフレークが発見されました。

 13日、オハイオ州のシンシナティ港でコカインをまぶしたコーンフレーク約20キロを麻薬犬が貨物の中から発見し押収されました。

 末端価格にして約3億円相当だということです。

 税関・国境警備局の職員が箱を開けたところ、白い粉と灰色の物質がコーティングされたコーンフレークが入っていて、検査の結果、コカインが含まれていることが分かりました。

 荷物は南米・ペルーから発送されていて、最終目的地は香港の個人宅になっていたということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

アメリカ 麻薬 コーンフレークが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のアメリカ 麻薬 コーンフレークに関しての画像や動画です。

アメリカ 麻薬 コーンフレークの動画をどうぞ。

コカインまぶしたコーンフレーク 米で麻薬犬が発見

スポンサーリンク

アメリカ 麻薬 コーンフレークのネットの声は?

アメリカ 麻薬 コーンフレークのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「おもちゃに隠す、胃につめる、レンガに練り込む、食品に混ぜる、
あの手この手あの手この手。
麻薬組織からしたら純金を輸出してるようなもんだからなんでもするわな。」という意見と
「覚醒剤やコカインなどを発見する麻薬犬を調教して検査をすり抜ける、、、、、そういう密輸組織もあると思う。だからといってワンちゃんに戸籍法もむつかしいし。昔の話ですが、ドーベルマンという犬種を調教して金融機関を犬だけで強盗する映画がありました。ドーベルマンギャングというタイトルでしたね。麻薬組織が優秀な麻薬犬を育てたら、、、、、コワ。」という意見と
「到着後、うまく分離し、精製し直すんだろうなー 以前、炭などの活性炭に染み込ませ匂いを出さないように密輸していたなんて聞いた事がある。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「太古かは現世に至るまで麻薬に限らず植物やらキノコならとトランス状態になる物、どこの国でも、人間は好きだよね。現世になってはコカイン、ヘロイン、覚醒剤、大麻。挙句には合成麻薬まで。どの国でも規制が厳しくなっているだろう。確か、オランダだったと思うが微量の大麻はOKだったが、末は禁止されるのかな?南米も貧しいし、一攫千金も有り、薬物に頼るのだろうな。その金をばら撒いて国民が潤うと言う悪循環の連鎖を生む。自分で作り出す地獄の制作者。」
「昔、ジャンプに掲載された「包丁人味平」って漫画で病みつきになるカレーの正体が麻薬入りだったって話があったのを思い出した。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

アメリカ 麻薬 コーンフレークおわりに

今回はアメリカ 麻薬 コーンフレークに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のアメリカ 麻薬 コーンフレークは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回アメリカ 麻薬 コーンフレークについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

アメリカ 麻薬 コーンフレークの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

アメリカ 麻薬 コーンフレークの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事