訪問介護 優先接種 対象外が話題沸騰!政府は?★画像・動画★ネットの声は?

訪問介護 優先接種 対象外がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

訪問介護 優先接種 対象外の概要は?政府は?

訪問介護 優先接種 対象外のニュースが次のように報道されています。

政府は、新型コロナウイルスのワクチンについて、高齢者の次に高齢者施設で働く介護職員などへ優先接種を始めたいとしています。

政府は、新型コロナウイルスのワクチンについて、高齢者の次に高齢者施設で働く介護職員などへ優先接種を始めたいとしています。実は、同じ介護の仕事でも、老人ホームなどの施設で働く人は優先接種の対象ですが、訪問介護で働く人は対象外です。

訪問介護の仕事に就いて4年になる石井茅花さん(29)は、ワクチン優先接種の対象者ではありません。一日で、6軒の訪問先を回ることもあり、不安は尽きないといいます。
ヘルパーステーションなのはな・石井茅花さん:「正直、驚いた。できるなら一日も早く打ちたいと思う。無症状だと自分が感染しているかわからない。持病を持っている人もいるので、すごく不安」

なぜ、訪問介護は、優先接種の対象外なのでしょうか。厚生労働省によりますと、施設ではクラスターの恐れがあり、感染が広がっても事業を続ける必要があります。一方、訪問介護は、介護者が感染しても、人を変えることで対応できるなどとしています。

しかし、石井さんが働く事業所の所長は「人手が足りない」と話します。
ヘルパーステーションなのはな・小松幸子所長:「昨年に緊急事態宣言が出てから、かなりヘルパーも緊張して、『辞めてしまいたい』という人が何人かいた。だいたい8~9人は退職した。経営にも大きく影響している」
この事業所では、利用者が感染した後も、防護服などを着て、介護を行ってきました。厚労省は、利用者が感染した後、自宅療養の間は、訪問介護を続けるよう事業者に求めています。病床が、ひっ迫しているためです。

介護従事者は、全国に約210万人、その4分の1ほどが訪問介護の職員です。新型コロナ感染への不安から、仕事を辞める人が増えているというなか、石井さんは、今、こう思っています。
ヘルパーステーションなのはな・石井茅花さん:「コロナだからこそ、サービスを必要としている利用者がいる以上、私は支援を続けたい。ワクチンを打ったということで、少なからず安心する部分もある。対象外ではなく、対象内にしてもらえることを願う」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

訪問介護 優先接種 対象外が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の訪問介護 優先接種 対象外に関しての画像や動画です。

訪問介護 優先接種 対象外の動画をどうぞ。

仕事内容変わらずも…訪問介護は優先接種の対象外

スポンサーリンク

訪問介護 優先接種 対象外のネットの声は?

訪問介護 優先接種 対象外のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「なぜ?
“政府は介護職員へワクチン優先接種していく考えですが 、訪問介護で働く人は対象外。しかし、厚労省は利用者が感染し自宅療養となった場合の 訪問介護継続を要求。“」という意見と
「酷いものですね。コロナ以前から代わりの人なんか居ないのに。
私が休んだら、誰も行く人は居ません。休んだ日に私の担当する利用者さんはサービス無しです。
何故かって?サ責も管理者も皆走らないと、赤字の報酬だからです。
酷いものですね。本気で辞めようかと感じてきました。」という意見と
「出たよ。お役所仕事がw
訪問看護は対象内で、訪問介護は対象外なんだとさ。
介護は外国人労働者にやらせる予定だから、
日本人ヘルパー減らすための作戦かもね。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「介護員の給料、税金でガッツリ上げてあげないとこの国に未来はない。税収からじゃなく金刷ればいいだろ。」
「これはダメだろう…
何で生活に必要とされる仕事ほど安く使われて待遇が悪いんだ…
このままじゃ日本終わるぞ…」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

訪問介護 優先接種 対象外おわりに

今回は訪問介護 優先接種 対象外に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の訪問介護 優先接種 対象外は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回訪問介護 優先接種 対象外について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

訪問介護 優先接種 対象外の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

訪問介護 優先接種 対象外の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事