中国公安当局 拘束が話題沸騰!中国では?★画像・動画★ネットの声は?

中国公安当局 拘束がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

中国公安当局 拘束の概要は?中国では?

中国公安当局 拘束のニュースが次のように報道されています。

中国では他にも同様の投稿をした人々が相次いで拘束されています。

 政府の発表に疑問を呈した人が次々と拘束されています。

 中国政府は今月19日にインド軍と衝突した際の去年6月の映像を公開し、死亡した4人の兵士らを英雄と称えました。

 情報が8カ月にわたって伏せられてきたことなどから、SNSで200万人以上のフォロワーがいる元新聞記者が「死者は4人だけではない」などと投稿したところ、社会の秩序を乱した容疑で公安当局に拘束されたということです。

 当局は「英雄に汚名を着せた」などと非難しています。

 中国では他にも同様の投稿をした人々が相次いで拘束されています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

中国公安当局 拘束が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の中国公安当局 拘束に関しての画像や動画です。

中国公安当局 拘束の動画をどうぞ。

「死者4人だけではない」投稿で中国公安当局が拘束

スポンサーリンク

中国公安当局 拘束のネットの声は?

中国公安当局 拘束のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「確かに昨日からこのニュースバンバン出た,
四日前中国ネット上に報道ありました。でも逮捕された罪は”英雄のイメージを損ない、民族感情を傷つけた"原因,日本と言えば<冒涜罪>。この仇氏のフォロワー見たらその発言あった(今見えませんフォロワー停止された)死者の数一言もなかって,軍人の死亡に対して揶揄な口調している。死亡者数の疑問原因だと関係ないと思う。だでどんな国,政権も軍人が国を守るの為に亡くなった事を亵渎させないでしょ、だから日本も靖国神社あります。
記事もっと正しくほしい,最近では、インターネットを使ってあらゆる情報を手に入れることが可能です。しかし、そこには虚偽や、あたかも事実のように書かれたフェイクニュースが入り混じっており、手にした情報が100%真実であるとは限りません。そのため、情報の出どころを調べたり、複数の情報を比較したりして、情報の信頼性を確認することが大切です。」という意見と
「隣国と仲良くなんて頭にない。侵略のみ。日本政府や中国に支社、工場を置く企業は早く気付いた方が良い。伊藤忠商事みたいに当局が黒といえば黒。裁判なんか平等なんかなく初めから有罪にするように仕向けてくる。SNSで正義や真実を発信して拘束するような当局に未来はなさそうですが。自滅する前に丸腰日本政府なんかやられ放題ですね。」という意見と
「どうして過少申告するんでしょう。ブロガーさんが間違っていたとしても無視すれば良いのでは?」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「昔と違って今は誰でも世界へ情報発信出来る時代。
独裁国家はいつまで不都合な情報を国民に隠しコントロール出来るかな。」
「日本マスコミの情報操作は本当に最低だな。
奴を捕まったのは、最初に部下4人を連れて、交渉に行って重傷した団長が
(部下たちが死者を出たのに)生きているのは逃げ足が速いからだという誹謗中傷だが。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

中国公安当局 拘束おわりに

今回は中国公安当局 拘束に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の中国公安当局 拘束は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回中国公安当局 拘束について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

中国公安当局 拘束の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

中国公安当局 拘束の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事