ウサギ 大パニックが話題沸騰!飼い主さんによりますと?★画像・動画★ネットの声は?

ウサギ 大パニックがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

ウサギ 大パニックの概要は?飼い主さんによりますと?

ウサギ 大パニックのニュースが次のように報道されています。

飼い主さんによりますと、ウサギは草食動物のため「捕まったら食べられる」と本能的に危険を察知しているのではないかということです。

 頭をなでられ、気持ち良さそうにしているのは、ウサギの「ウール」と「シーザー」です。

 ウサギはなでられるのが大好き。とてもリラックスしているように見えます。

 ある日、飼い主さんが健康チェックのためウールを抱っこしようとすると、大パニック。「助けてくれ~」と言わんばかりに大騒ぎです。

 飼い主さんによりますと、ウサギは草食動物のため「捕まったら食べられる」と本能的に危険を察知しているのではないかということです。

 この後、恨めしい顔で飼い主を見ていたウールですが、大好物のパパイヤの葉をもらって機嫌を直したということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

ウサギ 大パニックが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のウサギ 大パニックに関しての画像や動画です。

ウサギ 大パニックの動画をどうぞ。

ウサギが大パニック!!突如、暴れるそのワケは?

スポンサーリンク

ウサギ 大パニックのネットの声は?

ウサギ 大パニックのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「抱き方が明らかに急すぎる。パニックになったらウサギも飼い主もケガをする恐れがある。

「本能的に危険を察知」 と分かっているなら やるなよ飼い主。
面白がって投稿してんじゃないよ。」という意見と
「背後から急に捕まえたら特に恐怖を与えやすい。正面から飼い主の顔が見える姿勢でソッと抱き上げて一旦膝の上に載せてなでなでするとその後クルンと仰向けにしやすいよ。まあ、こればかりは個体差が大きいのでどうしても抱っこ嫌いな子もおるけど。」という意見と
「ウサギを後ろから捉えてはいけません、本能で必死で脱出しようとします。
ウサギは骨が非常に脆いのに脚の筋力が強いので最悪背骨を傷めます。

ウサギはだっこが嫌いですし、特に上向きの抱っこは嫌がりますから、伏せたまま抱えて慣らしてくのが普通です。年を取って穏やかになってくればだいぶ違いますけど。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「うさぎ飼ってたけど、話しかけながらナデナデしてからのそっと抱っこだったな。
この暴れ方だと落ち着くまでけっこう時間かかるからうさぎに負担かかりすぎるし、飼い主に悪い感情を持って懐かなくなる。

人間だって黙って急に捕まえられたら防御行動するのは自然だよね。」
「基本、うさぎさんは抱っこは嫌いだし、個体によっては絶対無理な子もいる。
目を覆うと大人しくなる子もいる。
爪切りもできなし、徐々に慣れさせないとね。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

ウサギ 大パニックおわりに

今回はウサギ 大パニックに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のウサギ 大パニックは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回ウサギ 大パニックについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ウサギ 大パニックの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

ウサギ 大パニックの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事