細田守監督 最新作が話題沸騰!同作の主人公は?★画像・動画★ネットの声は?

細田守監督 最新作がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

細田守監督 最新作の概要は?同作の主人公は?

細田守監督 最新作のニュースが次のように報道されています。

同作の主人公は、過疎化が進む高知の田舎町で父と暮らす17歳の女子高生・すず。幼い頃に母を事故で亡くし、心に大きな傷を抱えていたすずはある日、“もうひとつの現実“と呼ばれる超巨大インターネット空間の仮想世界「U」と出会い、「ベル」というアバターで参加することに。

 『時をかける少女』(2006)、『サマーウォーズ』(2009)、『おおかみこどもの雨と雪』(2012)、『バケモノの子』(2015)、そして、『未来のミライ』(2018)。過去作すべてが日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、『未来のミライ』ではアニー賞受賞に米国アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートと、日本のみならず世界中の観客を魅了し続けてきたアニメーション映画監督・細田守。その最新作『竜とそばかすの姫』が、スタジオ地図創立10周年を迎える2021年の夏に公開となる。18日、特報映像が解禁となった。

 同作の主人公は、過疎化が進む高知の田舎町で父と暮らす17歳の女子高生・すず。幼い頃に母を事故で亡くし、心に大きな傷を抱えていたすずはある日、“もうひとつの現実“と呼ばれる超巨大インターネット空間の仮想世界「U」と出会い、「ベル」というアバターで参加することに。心に秘めてきた歌を歌うことによってあっという間に世界に注目される存在になっていくベル(すず)の前に、「U」の世界で恐れられている竜の姿をした謎の存在が現れる、というストーリー。これまで細田監督が『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』 (2000) 、そして代表作『サマーウォーズ』 と、約10年に1度描いてきたインターネットの世界を舞台に、『時をかける少女』以来となる10代の女子高生を主人公に迎え、世界の片隅で自分を失ってしまった少女が開く新しい扉、未知との遭遇、そして成長していく姿を、細田監督ならではのリアル×ファンタジーを通じ描き出す。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

細田守監督 最新作が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の細田守監督 最新作に関しての画像や動画です。

細田守監督 最新作の動画をどうぞ。

細田守監督最新作!テーマはインターネットの仮想世界 『竜とそばかすの姫』特報

スポンサーリンク

細田守監督 最新作のネットの声は?

細田守監督 最新作のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「サマーウォーズと同じ世界の話なのかな?夏公開やしワクワクが止まらないな...........」という意見と
「尋常じゃない程の集大成感」という意見と
「この仮想空間はozシステムと何か関係はあるのかね」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「三年に一度現れる細田監督」
「細田さんが作る作品って全部が『夏』って感じで透き通ってて綺麗」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

細田守監督 最新作おわりに

今回は細田守監督 最新作に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の細田守監督 最新作は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回細田守監督 最新作について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

細田守監督 最新作の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

細田守監督 最新作の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事