中国軍 高性能兵器 配備が話題沸騰!中国政府は?★画像・動画★ネットの声は?

中国軍 高性能兵器 配備がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

中国軍 高性能兵器 配備の概要は?中国政府は?

中国軍 高性能兵器 配備のニュースが次のように報道されています。

中国政府は18日、去年6月に起きたインド軍との衝突の映像を公開して兵士4人が死亡したと初めて公表しました。

 中国軍は、インドとの国境地帯に高性能兵器を配備したと明らかにしました。インドへの牽制(けんせい)とみられます。

 中国の国営メディアはインドと隣接する新疆ウイグル自治区の山岳地帯に機動性に優れ、ステルス性能を高めた戦車が投入されたと報じました。

 また、チベット自治区の駐屯地ではインドとの国境地帯に新たに配備される大砲を積んだ軍用車両が並んでいます。

 夜間の実弾演習ではオレンジ色の閃光(せんこう)が大きな爆発音とともに幾重にも暗闇を切り裂きます。

 中国政府は18日、去年6月に起きたインド軍との衝突の映像を公開して兵士4人が死亡したと初めて公表しました。

 インドへの牽制に加え、中国の国会にあたる年に一度の全人代が来月に迫るなか、愛国ムードを高めたい思惑もありそうです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

中国軍 高性能兵器 配備が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の中国軍 高性能兵器 配備に関しての画像や動画です。

中国軍 高性能兵器 配備の動画をどうぞ。

中国軍 高性能兵器を国境地帯に配備 インド牽制か

スポンサーリンク

中国軍 高性能兵器 配備のネットの声は?

中国軍 高性能兵器 配備のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「中国が四方八方の国に対して、牽制というか挑発的な行動をとる理由がわからない。韓国を取り込むかどうかは別として、日・米・豪・印をはじめ南シナ海の国々や、遠くは英・仏・独までが中国に対して牽制する状況にある。味方をするとすれば、北朝鮮とロシアくらいか?意図はわからないが、とにかく今は世界が結束して中国包囲網を構築すべきでしょう。」という意見と
「中国のアキレス腱は経済である。
経済力がある内は、南シナ海や東シナ海での侵略行為や、インドとの国境地帯での高性能戦車の配備も進めるだろう。
中国の経済力をそぐために米国を中心に力を結集しなければならない。」という意見と
「ついこないだ中国がインドとの
話し合いで互いに引いたと報じられ
たが、ほんまかいな?って思った
んだよね。気をつけないと中国人が
不意をついて攻撃してくるぞって。
やっぱりだな、これ。
がんばれインド、一ミリたりとも
入らせるな。侵略国家を許すな!」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「今の中共は、まるでポーランド侵攻直前のナチスドイツみたいだ。
習近平が統べる共産党一党独裁は、ヒトラーのナチス独裁そのもの。
独裁制で軍事力に物を言わせる辺りは、完全に帝国主義。
党命令に対して独立性が無い絶対服従の軍隊は、人民解放軍ではなくてSS=武装親衛隊と同じ。
天安門では、自国民に向けて引き金を引いた。
近平自身、幾つもの国家主権を掌握しているから、もはや総統閣下。
その権力を掌中にするため、幾多の政敵を蹴落として来ている。
インドどころか、侵略を目論む先々で軍事力を示威して挑発行動。
新疆ウイグル自治区では、ホロコーストを行っている。
かつての国際連盟で当時の日本が追い込まれた様に、今は中共が諸々の国際法で追い込まれなければ、地球の平和は守れない。
被告当事国の拒否権等、無効でなければ何も解決しない。
ロシアが助けて無効とするのなら、ロシアも同罪一味とわきまえて欲しい。」
「やっぱりね。
双方合意で撤退した形は、思ったとおり中国から再進出という形になりましたね。
「ここは中国領だから、中国の軍が駐屯する権利がある」という尖閣と同じ論法で進めてゆくつもりでしょうね。
「100年言い続けて、居座った者が勝つ」は中国では常識なんだそうです。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

中国軍 高性能兵器 配備おわりに

今回は中国軍 高性能兵器 配備に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の中国軍 高性能兵器 配備は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回中国軍 高性能兵器 配備について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

中国軍 高性能兵器 配備の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

中国軍 高性能兵器 配備の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事