G7 国際条約 検討が話題沸騰!ジョンソン首相は?★画像・動画★ネットの声は?

G7 国際条約 検討がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

G7 国際条約 検討の概要は?ジョンソン首相は?

G7 国際条約 検討のニュースが次のように報道されています。

G7の議長国を務めるイギリスのジョンソン首相は19日、「次のコロナウイルス」が発生した際に備えてパンデミックに関する国際条約を検討することでG7で合意したと明らかにしました。

 G7(主要7カ国)は19日、新型コロナウイルスに続く新たなパンデミックの発生に備えて国際条約を検討することを決めました。

 ジョンソン首相:「本日、G7はWHO(世界保健機関)を通じて、パンデミックへの備えについての条約を検討することで合意しました」

 G7の議長国を務めるイギリスのジョンソン首相は19日、「次のコロナウイルス」が発生した際に備えてパンデミックに関する国際条約を検討することでG7で合意したと明らかにしました。

 新型コロナウイルスでは300日でワクチンができましたが、世界の資源を結集して100日で作れるようにすべきだと話しています。

 また、新型コロナウイルスでは中国の初動の遅れが指摘されていて、今後は感染拡大の前から各国でデータを共有できるようにし、対策に生かす仕組みを構築する狙いもあるとみられます。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

G7 国際条約 検討が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のG7 国際条約 検討に関しての画像や動画です。

G7 国際条約 検討の動画をどうぞ。

新たなパンデミックに備え G7が国際条約の検討へ

スポンサーリンク

G7 国際条約 検討のネットの声は?

G7 国際条約 検討のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「中国内乱起きれば、しばらく更なる新型ウイルスはでないだろう。そのためにもG7は中国への牽制は続けないと。」という意見と
「ほとんど震源地は「中国」!。その中国に10日以内に査察に入れず、それを手引きするテドロスを辞めさせない限りナンセンス。SARSの時位の強権を復活できるように、WHO自らが改革しなければ無理。」という意見と
「日本の近隣には条約や合意を守らない国がある。順守事項を歪曲して解釈されることも前提として、厳しい罰則規定を設ける必要があると思う。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「バイデンさんや菅さんが出来立てほやほやトップだからジョンソンさんがかなり頑張って引っ張ってくれてる感じがしますね。ヒューマンチャレンジなど、成功を祈ってます。」
「もしコロナが中国政府の不手際で起き、損害賠償を国家間で求める事になればさすがの中国も孤立か破産しか無くなる。日本だけでも数百兆レベルの損害。さらに酷いアメリカやEUを入れたら数千兆規模の
損害賠償額になる。各政府はきっちりと落とし所を
決めなければ何のためのG7なのか分からなくなる。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

G7 国際条約 検討おわりに

今回はG7 国際条約 検討に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のG7 国際条約 検討は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回G7 国際条約 検討について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

G7 国際条約 検討の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

G7 国際条約 検討の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事