ファイザー製ワクチン -20℃前後が話題沸騰!承認されれば?★画像・動画★ネットの声は?

ファイザー製ワクチン -20℃前後がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

ファイザー製ワクチン -20℃前後の概要は?承認されれば?

ファイザー製ワクチン -20℃前後のニュースが次のように報道されています。

承認されれば一般的な医薬品を保管する冷凍庫でも対応が可能となります。

 ファイザーはFDA(米食品医薬品局)に対し、ワクチンが一般的な医薬品冷凍庫でも保管できるとする新たなデータを提出したと発表しました。

 ファイザーは19日、自社のワクチンの保管温度について、マイナス25度からマイナス15度でも2週間は保管できるとして、FDAに承認を求めました。

 これまではマイナス80度からマイナス60度で保管する必要があるとして超低温冷凍庫が使用されるなど輸送や管理の難しさが課題となっていました。

 承認されれば一般的な医薬品を保管する冷凍庫でも対応が可能となります。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

ファイザー製ワクチン -20℃前後が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のファイザー製ワクチン -20℃前後に関しての画像や動画です。

ファイザー製ワクチン -20℃前後の動画をどうぞ。

ファイザー製ワクチン「-20℃前後で保管可能」

スポンサーリンク

ファイザー製ワクチン -20℃前後のネットの声は?

ファイザー製ワクチン -20℃前後のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「これは-20℃になってからの使用期限が2週間という事でしょうね。
ラスト1マイルが-20℃になるだけで管理はだいぶ楽になります。供給拠点、流通業者がディープフリーザーを備えればよいので、一定規模の診療施設には-20℃はあるはずです。(個人診療所には・・・無いとこもあるかも?)
-80℃と-20℃ではフリーザーの値段がかなり違うので、流通さえ問題無ければ1週程度の量を纏め供給できるようになります。配送も楽になりロスも減りますね。」という意見と
「保管期間から2週間なので、
従来 ハブ→保冷BOXで解凍しながら接種場所
今回 ハブ→中継(-20度±5の2週間の保管)→保冷BOXで解凍しながら接種場所

接種の運用バリュエーションが増えることで、遠隔地やへき地にとっては朗報ですね。」という意見と
「今より柔軟な接種が可能になるのだろうけど、2週間で使い切れなきゃ破棄だよね。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「えーっとマイナス70℃用の冷蔵庫大量に準備した後に言われても……」
「2週間じゃ短いですね。超低温冷凍庫(-75℃)であれば半年保管できるようです。超低温冷蔵庫保管の方が安心ですね。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

ファイザー製ワクチン -20℃前後おわりに

今回はファイザー製ワクチン -20℃前後に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のファイザー製ワクチン -20℃前後は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回ファイザー製ワクチン -20℃前後について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ファイザー製ワクチン -20℃前後の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

ファイザー製ワクチン -20℃前後の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事