ガソリン携行缶 保管場所が話題沸騰!国民生活センターは?★画像・動画★ネットの声は?

ガソリン携行缶 保管場所がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

ガソリン携行缶 保管場所の概要は?国民生活センターは?

ガソリン携行缶 保管場所のニュースが次のように報道されています。

国民生活センターはガソリン携行缶について、温度変化の大きい場所では保管しないことやこまめに圧力調整を行うよう注意を呼び掛けています。

 ガソリン携行缶の保管場所には特に注意が必要です。

 実験映像では、赤い缶のキャップを外すとガソリンが激しく噴き出し、3メートル離れていても火花が発生すると引火して激しく燃え上がります。

 直射日光が当たる車の中にガソリン携行缶を放置したところ、液面の温度が62度まで上昇したということです。

 実験は、この時の缶の内圧と同じ状態にして行われました。

 国民生活センターはガソリン携行缶について、温度変化の大きい場所では保管しないことやこまめに圧力調整を行うよう注意を呼び掛けています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

ガソリン携行缶 保管場所が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のガソリン携行缶 保管場所に関しての画像や動画です。

ガソリン携行缶 保管場所の動画をどうぞ。

ガソリン携行缶 ふた外すだけで引火も

スポンサーリンク

ガソリン携行缶 保管場所のネットの声は?

ガソリン携行缶 保管場所のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「3m離れていても、って盛大に噴出させて3m先の火花発生装置までガソリン撒いてから着火させてますがな。

不安を煽るだけで情報量が少ないニュースですね。
正しくは、圧力調整バルブをゆっくり開けて、圧力を逃してからキャップを開けます。キャップ開けたらバルブは閉めます。

キャップを開ける前には必ず圧力調整バルブ開ける必要があります。気温低いからとか油断してるとニュースの映像のようにガソリン噴出しますよ。
あと、圧力調整バルブは必ず閉めて下さい。開けっ放しだと気化したガソリンが倉庫などに充満して爆発の原因になります。」という意見と
「この報道は記事の紹介の仕方が悪い。
冬場は乾燥していて静電気が発生しやすく、ガソリン携行缶を中身が入ったまま車内に置き車で移動してると暖房で温められて内圧が上がります。
こういった時のガス欠等の非常時に蓋を開けると静電気で実験の結果が起こりえるという事を説明したかったのだろうと思う。」という意見と
「旅行用に携行缶を持っており、半年に一度くらい、中身入れ替えのため自動車に給油する。

その際、冬だと油断しがちで、バルブを省略していきなりキャップを開けてしまうことがあったが、ガソリンが噴き出すことが意外に多い。
もしも近くに火があったら、危ないところだった(私は火があったら携行缶なんて怖くて触れないけど)。

今は、冬でもきっちり、バルブを緩めて圧力を逃がしている。

なお、バルブを緩めても、圧力が全く抜けない(内部の圧力が低かった)ことも、よくある。それはそれで、仕方ない。保険みたいなものだから。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「フタ外すだけで発火してないよね?発火じゃなくて着火してるよね?
この記事のタイトルから受ける印象は、
携行缶に入れたガソリンが、太陽光に熱せられ発火点に達する と共に蓋を開ける事により気化したガソリンが酸素に触れ発火するので危険です気を付けて下さい だと思う
記事の内容は、携行缶のガソリンが太陽光に暖められる 蓋を飛ばしガソリンが噴き出る 3m先に用意された着火具がガソリンに火をつけて炎上
なんか違う」
「こんな事したら火が着くに決まってるでしょ。
タイトルに騙された…
3メートル先までガソリンを噴射して着火しただけであり、注意喚起するなら、タイトルに圧力調節について書かないと…」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

ガソリン携行缶 保管場所おわりに

今回はガソリン携行缶 保管場所に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のガソリン携行缶 保管場所は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回ガソリン携行缶 保管場所について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ガソリン携行缶 保管場所の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

ガソリン携行缶 保管場所の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事