国内初 ワクチン製造が話題沸騰!アストラゼネカは?★画像・動画★ネットの声は?

国内初 ワクチン製造がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

国内初 ワクチン製造の概要は?アストラゼネカは?

国内初 ワクチン製造のニュースが次のように報道されています。

アストラゼネカは日本と1億2000万回分のワクチンを供給する契約を結んでいて、今月5日に厚生労働省に承認申請を行いました。

 国内初のワクチン製造に挑む意気込みを語りました。

 JCRファーマワクチン事業担当部長・檜山義雄さん:「誰かが日本の国内でワクチンを作らないと日本の公衆衛生を守れないだろう」

 神戸市に工場がある中堅の製薬メーカー「JCRファーマ」は去年7月、イギリスの製薬大手「アストラゼネカ」からワクチンの原液製造の委託を受けました。

 アストラゼネカは日本と1億2000万回分のワクチンを供給する契約を結んでいて、今月5日に厚生労働省に承認申請を行いました。

 JCRファーマは承認後、9000万回分のワクチン原液を製造する予定です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

国内初 ワクチン製造が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の国内初 ワクチン製造に関しての画像や動画です。

国内初 ワクチン製造の動画をどうぞ。

国内初のワクチン製造へ 「日本の公衆衛生守る」

スポンサーリンク

国内初 ワクチン製造のネットの声は?

国内初 ワクチン製造のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「世界的な傾向なのだけど、新薬開発はベンチャーが成果を出してる。
国がもっと後押しするべきで、日本の製薬大手も外国企業の特許ばかり狙わないで、国内企業を育てるべき。」という意見と
「なんのワクチンか、ということを記事中に一言くらい書いておくべきだろう。
回数とかメーカーから新型コロナ用のワクチンと推定したけどさ。

それはともかく、この新型コロナ用のワクチン、変異も考えると、多分インフルエンザのように毎年接種しないといけないようになりそうな気がするから、来年以降も見据えると、国内で製造できる体制を整えておくのは大事だろうね。」という意見と
「何にもしていないよりはいいけれど、結局海外品を作るなら利益は丸々持っていかれる。
日本製品を開発できるようになろうよ。
日本の製薬会社も政府にジェネリック推奨だらけにされて、ゾロ品しか作れないレベルに墜ちていっている。海外資本の思う壺だわ。
昔も海外の自動車のコピー品作る事から始まって、技術力をつけていってジャパンオリジナル、ジャパンクオリティになったわけだから、地道に出来る事から頑張るしかないな。みながんばれ。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「国内で製造するだけだろ?
また国民に国産だから大丈夫だと変な誤解を与えるな!
アストラゼネカワクチンだろ?
別に日本で製造しようがインドでも韓国でも効果は同じ
欧州や南アでは中高齢者にアストラゼネカ接種を奨励していない
アストラゼネカはドイツとフランス、オーストリア、スウェーデンは接種年齢を65歳未満、ポーランドは60歳未満、ベルギーは55歳未満と勧告した南アは変異種の効果が薄く中止

製造するならファイザーワクチンを製造すべき
ファイザーワクチンは効果も安全性も立証されている
だが世界で獲得競争となっており日本へも予定する入荷がままならない状況
いずれ国民全員に接種するには不足する!」
「護送船団方式で国内製薬企業を甘やかしてきた結果。厚労省と経産省の責任だな。
今頃周回遅れでの旧来方式のワクチンをのこのこ開発しても既に遅い。AZの下請けが関の山だな。完成しても「やっぱ日本製が安心」という国内馬鹿相手のニッチビジネスにしかならない。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

国内初 ワクチン製造おわりに

今回は国内初 ワクチン製造に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の国内初 ワクチン製造は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回国内初 ワクチン製造について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

国内初 ワクチン製造の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

国内初 ワクチン製造の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事