首都高 タクシー 急停車が話題沸騰!撮影者は?★画像・動画★ネットの声は?

首都高 タクシー 急停車がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

首都高 タクシー 急停車の概要は?撮影者は?

首都高 タクシー 急停車のニュースが次のように報道されています。

撮影者は「ちょうど分岐点の所で、たぶん道を間違えたと思う。急停車して、さらにバックして逆走する感じに向かってきたので、驚きました。後部座席に人影が見えたので、たぶん客が乗っている感じ」と話していました。

 12日午後9時ごろ、首都高を走行していた車のドライブレコーダーの映像です。

 撮影者が湾岸線方面の車線を走行中、緩い左カーブを抜けた瞬間でした。

 少し前を走っていたタクシーが、目の前で停車していたのです。

 ブレーキが間に合い、事故には至りませんでしたが、このタクシー、今度はハザードランプを付けながらバック。
 ポールの間を抜けて、強引に右側の車線に入っていきました。

 撮影者は「ちょうど分岐点の所で、たぶん道を間違えたと思う。急停車して、さらにバックして逆走する感じに向かってきたので、驚きました。後部座席に人影が見えたので、たぶん客が乗っている感じ」と話していました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

首都高 タクシー 急停車が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の首都高 タクシー 急停車に関しての画像や動画です。

首都高 タクシー 急停車の動画をどうぞ。

首都高でタクシー“急停車”…バックし強引車線変更

スポンサーリンク

首都高 タクシー 急停車のネットの声は?

首都高 タクシー 急停車のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「絶対ありえないでしょ。
プロ中のプロとは思えないし免許剥奪もの。
この車両は止まれたもののその後続車がいたらカーブを抜けてもっと近い位置に車両がいることになる。すいませんでは済まされないとんでもないレベル。
道を誤ったのか、お客が道を誤ったのかは分かりませんが、重大事故を誘発する行為であり、時間がかかろうがタクシー代が跳ね上がろうか急がば回れ!一旦そのまま進むべきです。万が一事故になった場合追突した車両が可哀そうですしお客さんが死傷する可能性もあり、重大な過失を負うことになる。タクシー会社を公表するべき事案では?」という意見と
「違反は明らかですがプロのドライバーがなぜ分岐を間違ったか?
客が急に降りてと指示したとしてもやっては成らない操作
車のナンバーにモザイクは有りますが認識できるようなので警察も追跡お願いします」という意見と
「間違えたならそのまま進みましょう。
首都高で後続車を停車させたらダメです。危険極まりない。

ただ、カーブの先には何があるか分からない。事故を起こして止まってるかもしれないし、バイクが転倒して人が倒れてるかもしれない。
このような動画を見ると、かもしれない運転で事故を防止するための「技」も磨かないといけないなと気が引き締まります。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「あぶな!
ここ箱崎ジャンクションで、深川線と向島線の分岐でしょ?
間違って深川線行ったのなら、先のランプで降りて乗り直せば、たいして追加費用かからないのに
ブラインドカーブだし、深夜のスピード速い首都高でポールの間を通るなんて
逮捕案件だわ」
「同業者です、都心のタク会社は、JPNタクシー
が支流ですがGパケ・コンフォートは基本、新人に乗せます(大手以外) なので2種免許持ってるから本来は、プロドライバーですがド素人な新人サンデードライバークラスも数多くいます。この運転手は、お客から湾岸線じゃない(ルート選択ミス)と言われてとっさに「ありえない」強引車線変更しましたね。。。経験ある運転手ならお客にルート間違えたら平謝りで勉強代で遠回り代金は、自分で払うものです。。。そう言う判断も頭で考えられないからこんなお客さんの言葉を鵜呑みに自殺行為車線変更したと分析。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

首都高 タクシー 急停車おわりに

今回は首都高 タクシー 急停車に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の首都高 タクシー 急停車は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回首都高 タクシー 急停車について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

首都高 タクシー 急停車の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

首都高 タクシー 急停車の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事