イギリス 違法営業クラブが話題沸騰!警察は?★画像・動画★ネットの声は?

イギリス 違法営業クラブがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

イギリス 違法営業クラブの概要は?警察は?

イギリス 違法営業クラブのニュースが次のように報道されています。

警察は主催者とみられるDJには日本円で約146万円、参加者70人に対しては一人あたり約3万円の罰金を科しました。

 ロックダウンが1カ月以上続いているイギリスでは規制を破る人が続出し、警察は違法営業店を摘発した瞬間の映像を公開するなど引き締めを図っています。

 怒号が飛び交っているのはイギリス中部バーミンガムにあるクラブです。

 15日未明、「VIP」と書かれた部屋に警察官が突入しました。

 ロックダウンの規制で営業が禁止されるなか、約150人が集まりパーティーが開かれていました。

 ドローンに搭載された赤外線カメラの映像は、次々と屋上に逃げる人たちの姿を捉えています。

 警察は主催者とみられるDJには日本円で約146万円、参加者70人に対しては一人あたり約3万円の罰金を科しました。

 一方で、バーミンガム近郊でも14日夜に「コロナ酒場」という看板を取り付け、バーに改装したガレージが警察に摘発されました。

 イギリスでは現在、同居する家族以外との集まりは禁止されていて、ガレージの所有者には約15万円の罰金が科されました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

イギリス 違法営業クラブが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のイギリス 違法営業クラブに関しての画像や動画です。

イギリス 違法営業クラブの動画をどうぞ。

英で違法営業クラブを摘発 映像公開し引き締め図る

スポンサーリンク

イギリス 違法営業クラブのネットの声は?

イギリス 違法営業クラブのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「イギリスの場合は違法のウェアハウス パーティーがレイヴになってクラブ文化が発展したから摘発が厳しいよな。一時期レイヴ禁止法が出来てレイヴ自体が違法だったしイギリスは。」という意見と
「なんだかんだ日本は自由だな。

収まれば何でもいいけど」という意見と
「Armsでバーという意味なん?」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「どっかの国と違い危機管理が違うね。」
「赤外線カメラ・ドローンすごいな!さすがイギリス!」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

イギリス 違法営業クラブおわりに

今回はイギリス 違法営業クラブに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のイギリス 違法営業クラブは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回イギリス 違法営業クラブについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

イギリス 違法営業クラブの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

イギリス 違法営業クラブの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事