特殊注射器 確保が話題沸騰!ワクチンの配布については?★画像・動画★ネットの声は?

特殊注射器 確保がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

特殊注射器 確保の概要は?ワクチンの配布については?

特殊注射器 確保のニュースが次のように報道されています。

全国で接種体制の準備が進められていますが、肝心のワクチンの配布については不透明なままで、接種の実務を担う自治体からは「予定通りに供給されるのか」など様々な声が上がっています。

東京都内の病院にファイザー製のワクチンが運び込まれました。16日から約4万人の医療従事者への先行接種が始まります。

高齢者への接種は4月からを見込んでいますが、具体的なスケジュールは示されていません。

“ワクチン接種担当”河野太郎大臣:「(Q.高齢者接種の開始時期の見通しを示せない理由は?)結構、高次な連立方程式になっていて、一つはファイザーの供給数。それとEU(ヨーロッパ連合)の透明化のメカニズムで、きちんと承認がとれるかどうか。高齢者の接種をスタートするにあたり、弾切れを起こさないことが一番大事。それなりに在庫を積み上げた状況でスタートをしなければならない。そういう意味で4月1日より前はない」

今回接種されるファイザー製のワクチンは、1瓶で6回接種できますが、日本で主に流通している注射器では、5回しかできないことが分かっています。

6回接種できる特殊な注射器を製造している、大阪の医療機器メーカー『ニプロ』には先月末、厚生労働省から連絡が入りました。

ニプロ企画開発技術事業部・一宮淳課長:「1月末に厚労省から『ローデッドシリンジを少しでも欲しい』という要望を頂いた。現状の在庫から幾ばくかの量を、2月はじめに厚労省に納めました。(Q.どのくらい?)十数万本くらい。先行の1万人の接種をまかなえるくらい。その後に増産の要請が来た」

タイにあるニプロの工場は増産の準備に追われていますが、すぐには増産体制に入れません。増産分を供給できるのは、いつ頃になるのでしょうか。

ニプロタイランドコーポレーション・米森吉春社長:「増産開始に4~5カ月かかるので(供給まで)プラス1~2カ月はかかると思う。今年9~10月を見込んでいるが、もっとそれを前倒ししようと頑張っている」

全国で接種体制の準備が進められていますが、肝心のワクチンの配布については不透明なままで、接種の実務を担う自治体からは「予定通りに供給されるのか」など様々な声が上がっています。

神奈川県綾瀬市健康づくり推進課・今井美智代課長:「安定したワクチンの供給が来るのか大変心配しております。ワクチンの移送について、小分けにして移送しなければいけないので、もう少し具体的な指針を出して頂きたい。不安ですよね。3月下旬にはお手元に(接種の)クーポンが届くように市も準備をしているので、市民の皆さんは予防接種がすぐできると考えて予約をしようと思うので、その時にしっかりとワクチンが届いていないと大変不安です」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

特殊注射器 確保が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の特殊注射器 確保に関しての画像や動画です。

特殊注射器 確保の動画をどうぞ。

“特殊注射器”確保は…ワクチン先行接種あすから

スポンサーリンク

特殊注射器 確保のネットの声は?

特殊注射器 確保のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「別に特殊注射器じゃなくてもいいよ。
そもそも5回がスタンダードなんだから。6回はあくまでウラ技。
マスコミはもっと建設的な報道をしましょう。」という意見と
「高齢者よりも消防や自衛隊、警察、海上保安官が優先されるべきだと思う。」という意見と
「日本はお金があるから5回用の注射器を交わされちゃったのが本当の話じゃないの? 俺が注射器の会社をやっていたらやはりすでに作ってしまった5回分注射器を何とか処分したいね。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「医療従事者へのワクチン接種は治験に近い状態である。後遺症などが起きた場合には労働災害で救済すべき」
「副反応と有害事象を混同させるマスコミに気を付けろ」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

特殊注射器 確保おわりに

今回は特殊注射器 確保に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の特殊注射器 確保は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回特殊注射器 確保について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

特殊注射器 確保の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

特殊注射器 確保の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事