近い避難所 システム開発が話題沸騰!13日の地震では?★画像・動画★ネットの声は?

近い避難所 システム開発がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

近い避難所 システム開発の概要は?13日の地震では?

近い避難所 システム開発のニュースが次のように報道されています。

13日の地震では福島県南相馬市で実際に使われ、住民から断水の情報や道路のひび割れなどの情報を瞬時に収集できたということです。

 災害時に役に立つ安全な避難法を教えてくれるアプリの開発が進んでいます。

 ウェザーニューズ防災チャットボットプロジェクト・萩行正嗣さん:「避難した方がいいのか、自宅にとどまった方が安全か推薦してくれてる。そのうえで改めて避難するか決断できる」

 防災科学研究所などが共同で開発中のシステム。

 被災者が通信アプリ「LINE」で災害の様子を報告すると、AI(人工知能)が自動で情報を分析、自治体に届けられます。

 また、被災者が自分に近い避難所はどこか、物資の配布場所はどこかなどの情報を簡単に入手できる機能も開発中です。

 13日の地震では福島県南相馬市で実際に使われ、住民から断水の情報や道路のひび割れなどの情報を瞬時に収集できたということです。

 防災科学技術研究所防災情報研究部門・臼田裕一郎部門長:「どういう支援を行ったらいいのか、早期につかむことができるので非常に有効であろう」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

近い避難所 システム開発が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の近い避難所 システム開発に関しての画像や動画です。

近い避難所 システム開発の動画をどうぞ。

近い避難所はどこ?災害時に役立つシステム開発進む

スポンサーリンク

近い避難所 システム開発のネットの声は?

近い避難所 システム開発のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「COCOAの二の舞になりそうな悪寒 (´・ω・`)」という意見と
「震災から10年でこんなのしか出来ないんだね」という意見と
「近い避難所に行くために増水した川を行くとかなきゃいいけど」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「あと避難所に公衆電話がソーラー蓄電池型衛星電話に非常時利用できるとありがたい詳しくわからないがwifiのように電波もとばせればなおいいと思う」
「これはAIなのかね‥ 災害のカテゴリが円グラフになって見れるLINEくらいにしか見えないんだが‥」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

近い避難所 システム開発おわりに

今回は近い避難所 システム開発に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の近い避難所 システム開発は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回近い避難所 システム開発について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

近い避難所 システム開発の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

近い避難所 システム開発の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事