ワクチン接種 痛いが話題沸騰!刺す深さの違いは?★画像・動画★ネットの声は?

ワクチン接種 痛いがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

ワクチン接種 痛いの概要は?刺す深さの違いは?

ワクチン接種 痛いのニュースが次のように報道されています。

刺す深さの違いは、一般的に皮下注射は1.5センチから2センチ。筋肉注射は2センチから2.5センチと、1センチほど違いますが、刺す瞬間の痛みというは「同じくらい」だということです。

 17日から始まるワクチン接種の疑問。まず気になるのが「痛いのかどうか」です。早速、新型コロナ分科会のメンバー・岡部信彦先生に聞きました。

 新型コロナウイルスのワクチンというはインフルエンザのワクチンとは違い、筋肉注射で行われます。針を刺す角度や深さも違います。

 刺す深さの違いは、一般的に皮下注射は1.5センチから2センチ。筋肉注射は2センチから2.5センチと、1センチほど違いますが、刺す瞬間の痛みというは「同じくらい」だということです。

 ただ、痛みのポイントは「深さ」よりも「刺した後」です。

 新型コロナワクチンの場合、筋肉の中で薬剤が染み出る時に痛みを感じる人がいるだろうということです。

 実際にファイザーのワクチンを接種した後、7割前後の人が接種部分に痛みを感じているそうで、他にも、だるさや頭痛、筋肉痛などの症状を訴えているということです。

 どの症状も1回目の接種より2回目の方が症状を訴える人が多いそうです。理由については分かっていませんが、おおむね2日以内に回復しているという報告はあります。

 岡部先生は打った後に症状が出た際、パニックにならないためにも事前にどんな症状が出るか知っておくことが大事だと話しています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

ワクチン接種 痛いが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のワクチン接種 痛いに関しての画像や動画です。

ワクチン接種 痛いの動画をどうぞ。

ワクチン接種は痛い?事前にいろいろ知っておこう!

スポンサーリンク

ワクチン接種 痛いのネットの声は?

ワクチン接種 痛いのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「筋肉注射は打った翌日から打ったところに痛みが出てしばらく続くことがありますね。打つときは痛くないんですが。
ただこの痛みとワクチン接種による自分と社会のメリットを比べると、痛いから打たないという選択肢はないように感じます。」という意見と
「皮下注射に比べて深く(垂直に)刺すため痛そうに見えますが、実際は筋肉注射の方が痛くありませんし、皮下注射と比べて技術がいらないので施行者によってうまい下手はあまり無いのでご安心を。」という意見と
「痛いだろうしよく治験がないものを打つのを推奨するよなあと思う。
だから常に政府にだまされっぱなし。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「医療従事者なのでワクチンは接種するつもりです。
後遺症の方が怖いので。」
「痛いとか痛くないかより副反応が心配。

一生、腕が上がらなくなるとか歩けなくなるとか、死ぬとか・・・」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

ワクチン接種 痛いおわりに

今回はワクチン接種 痛いに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のワクチン接種 痛いは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回ワクチン接種 痛いについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ワクチン接種 痛いの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

ワクチン接種 痛いの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事