WHOの武漢調査 アメリカ 懸念表明が話題沸騰!サリバン大統領補佐官は?★画像・動画★ネットの声は?

WHOの武漢調査 アメリカ 懸念表明がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

WHOの武漢調査 アメリカ 懸念表明の概要は?サリバン大統領補佐官は?

WHOの武漢調査 アメリカ 懸念表明のニュースが次のように報道されています。

アメリカのサリバン大統領補佐官は13日、中国・武漢でWHOが行った新型コロナウイルスの発生源を巡る調査について、「深い懸念と疑問がある」との声明を発表しました。

 WHO(世界保健機関)の武漢での調査について、アメリカが懸念を示したことに対し、中国は「アメリカこそ国際協力を損なってきた」と反発しました。

 アメリカのサリバン大統領補佐官は13日、中国・武漢でWHOが行った新型コロナウイルスの発生源を巡る調査について、「深い懸念と疑問がある」との声明を発表しました。

 そのうえで、「調査報告は中国政府による介入や改ざんを受けないことが不可欠だ」と強調しました。

 この発表を受けてアメリカの中国大使館は14日に声明を出し、「ここ数年のアメリカこそ、WHOを含む国際協力に著しい損害を与えてきた」と主張しました。

 武漢での調査の在り方には直接、言及しない一方で、アメリカのWHO復帰については「WHOは行きたい時に行って帰りたい時に帰る遊園地ではない」と皮肉りました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

WHOの武漢調査 アメリカ 懸念表明が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のWHOの武漢調査 アメリカ 懸念表明に関しての画像や動画です。

WHOの武漢調査 アメリカ 懸念表明の動画をどうぞ。

“WHOの武漢調査”に米国が懸念表明 中国が反発

スポンサーリンク

WHOの武漢調査 アメリカ 懸念表明のネットの声は?

WHOの武漢調査 アメリカ 懸念表明のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「そのWHOもサンプルを集めた結果、すでに13の異なる遺伝子配列が見つかり
12月時点で中国国内で感染拡大している状態だったと見ているようですね。
そしてWHOは更なる解明のために生データを提供して欲しいと求めているようですが、中国側は拒否してるみたいですね。
国際協力をしてこなかったアメリカと違うと言い張るのであれば
中国はWHOに生データを提供されてはいかがでしょうか?」という意見と
「予想通りの対決ですね。
中国が認めたら、破格の賠償を訴える国ですから認めることはないし、水掛け論になることは想像通りです。
中国の脅威ということ(共産主義)を拡散させないことは日本人として米国と価値観は共有しているので、今後は別のところでの争いに協力していく日本であって欲しい。それが未来の日本社会の国益になることを信じております。」という意見と
「調査してみないと真実って判らんよね。次に実行されそうなWHoのuSAアメリカ調査の阻止に必死に躍起している米、武漢より一年も前に大流行したとも言われるが、関連証拠を潰せるところを極力潰したが、残りを調査してみないと判らんし、あったかなかったか自体も実体も実態も判らん事態ですし。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「>調査報告は中国政府による介入や改ざんを受けないことが不可欠だ」と強調しました。

何が何でも中国は自分たちの非を認めることはしないだろうなとは思っていましたが。
隠蔽する、改ざんするというのはもうお手のものでしょうから、WHOの調査が発生から1年もたっていてあまりにも遅すぎたことに残念さを感じます。どんなに隠しても誤魔化しても新型コロナが中国発祥であるということを世界中の人間が知っています。」
「感染源検証の問題は別として、中国の批判は概ね正しい。ユネスコ、WTO、WHO、国連人権委員会など、アメリカは覇権と多国間主義を天秤にかけて常に一国主義擁護を貫いてきた。コロナ問題に関しても、政府ではなく、CDDや国立感染症研究所のファチ所長に発言権を引き渡すべきだった。未だに政治的手腕に頼っている。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

WHOの武漢調査 アメリカ 懸念表明おわりに

今回はWHOの武漢調査 アメリカ 懸念表明に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のWHOの武漢調査 アメリカ 懸念表明は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回WHOの武漢調査 アメリカ 懸念表明について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

WHOの武漢調査 アメリカ 懸念表明の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

WHOの武漢調査 アメリカ 懸念表明の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事