イチゴ市 農家を支援が話題沸騰!ブランドイチゴが20種類以上も?★画像・動画★ネットの声は?

イチゴ市 農家を支援がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

イチゴ市 農家を支援の概要は?ブランドイチゴが20種類以上も?

イチゴ市 農家を支援のニュースが次のように報道されています。

東京・上野のマルイで15日から始まった期間限定の「いちご市」。全国から、えりすぐりのブランドイチゴが20種類以上も集結しています。

 コロナ禍で苦境が続く、各地の“ブランドイチゴ”が集結です。

 東京・上野のマルイで15日から始まった期間限定の「いちご市」。全国から、えりすぐりのブランドイチゴが20種類以上も集結しています。

 “食べる宝石”と呼ばれる「ミガキイチゴ」です。その産地は13日に震度6弱の地震で断水の被害があった宮城県山元町です。ミカギイチゴの農園では配管が破損。面積の1割が被害に遭いました。

 一方、関東最大級のイチゴ狩り農園「越谷いちごタウン」では…。例年は一日約600人でにぎわいますが、コロナ禍の今は密を避けるために200人以下に制限しています。

 農家の期待がかかるいちご市には普段、なかなか味わえない希少種も。福岡県筑後市のオリジナルブランド「みつのか」です。特大サイズはなんと、子どもの手のひらほどの大きさ。手塩に掛けて育てるのは、この道50年の平さん夫婦です。

 乳白色に輝く果肉はモモのようななめらかな食感で、酸味はほど良く、甘さも丸みがあります。

 今回、マルイでの「いちご市」を企画したのは、実は東京・浅草の茶屋です。会場には「ミス浅草」たちも駆け付け、アピールします。

 デパートの「マルイ」を舞台に、「全国のイチゴ農家」を観光地の浅草が支援します。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

イチゴ市 農家を支援が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のイチゴ市 農家を支援に関しての画像や動画です。

イチゴ市 農家を支援の動画をどうぞ。

「イチゴ市」食べて農家を支援 驚きの特大サイズも

スポンサーリンク

イチゴ市 農家を支援のネットの声は?

イチゴ市 農家を支援のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「あまおう…今年は特に甘くて美味しい気がします。
デザートビュッフェのいちごフェアに行ったつもりで、いろんな産地のいちご、食べてみたいです。」という意見と
「ミスいちごのみんないちご着物衣装似合ってかわいいね」という意見と
「マルイは小売のほうは苦境だからな。デパ地下(マルイはデパートじゃないけど)ないのは辛いのう。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「ブランド化し過ぎて高くて食べられないよ。」
「「苺ワイワイ祭り」とか「いちご市GO!」とかキャッチコピーを作るがよい」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

イチゴ市 農家を支援おわりに

今回はイチゴ市 農家を支援に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のイチゴ市 農家を支援は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回イチゴ市 農家を支援について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

イチゴ市 農家を支援の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

イチゴ市 農家を支援の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事