千葉 あおり運転 怒鳴るが話題沸騰!撮影者は?★画像・動画★ネットの声は?

千葉 あおり運転 怒鳴るがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

千葉 あおり運転 怒鳴るの概要は?撮影者は?

千葉 あおり運転 怒鳴るのニュースが次のように報道されています。

撮影者は、危険な行為を繰り返した男性の態度に納得していないといいます。

 11日午後2時すぎ、千葉県内を走る車のドライブレコーダーの映像です。

 1台のワンボックスカーが、反対車線から突然、目の前に割り込み、センターラインをまたぐ形で、道路の真ん中に停車します。

 対向車とも衝突しかねない危険な状況のなか、車から1人の男性が下りてくると、驚きの行動に出たのです。

 男性は「おい、窓開けろよ。お前がやっているのは“あおり運転”なんだよ」と、なんといきなり、あおり運転を受けたと怒鳴り付けてきたのです。

 実はこの直前、撮影者はこのワンボックスカーとすれ違っていて、その際に、ある出来事がありました。

 撮影者の男性は「向こう側が一時停止、こちらがT字路の中に入っていく形で。減速するそぶりもなく、狭い道だったので当たりそうになりまして。それでこちらがクラクションを鳴らして、それに激高して向こうが後ろから追い掛けてきた形です」と話します。

 その後、撮影者は警察に通報し、警察官が間に入って話し合いをしたことで、なんとか、その場は収まったそうです。

 しかし、撮影者は、危険な行為を繰り返した男性の態度に納得していないといいます。

 運転手の男性は、「(向こうからの謝罪は)一切ないですね。『何で俺が謝らないといけないんだよ』っていう形で。ちょっと、関わりたくはないですよね」と話していました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

千葉 あおり運転 怒鳴るが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の千葉 あおり運転 怒鳴るに関しての画像や動画です。

千葉 あおり運転 怒鳴るの動画をどうぞ。

千葉 道路真ん中に停車し…「あおり運転」と怒鳴る

スポンサーリンク

千葉 あおり運転 怒鳴るのネットの声は?

千葉 あおり運転 怒鳴るのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「これは被害者と言っている人の運転にも問題がある。右折する時に対向車線の停止線の半分ほどを踏みながら曲がっている。これは相手にしてみればショートカットしてきたと思っても仕方ない。心ある人は右折の時に相手の進路に入らないように気をつけている。」という意見と
「無駄なクラクションじゃなかったかな?
朝からこれ流してるけど動画を加工するんじゃなくてありのまま最初から放送すればわかるんじゃないかと思うが?
投稿したやつがあのスピードで狭路に入るんだったら速度落として進入するべきだし 正直どっちもどっちだな!」という意見と
「これ見たけど
その前の丁字路からのすれ違いを見ると被害者って言っている方が悪そう
電柱を避けようとして対向車の進行を妨げてた
あれは向こうも怒りたくもなると思う
しかも晒されて」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「騒動のきっかけは「被害者を名乗ってる側」ですね。
この状況なら相手側の一時停止云々は無関係。
そもそもこういう場面では徐行なのに、撮影者は徐行していない
「右折後、加速態勢で進もうとしたけど対向車がいるので減速した」
ように見受けられる。
徐行しなきゃいけないところで加速しておいて対向車にクラクションって

相手が反感を持つのは道理。
撮影者が今まで無事でいられたのは「相手が優しかったから」では?」
「すれ違ったのは丁字路じゃなくて、もう直線になってるところやん。しかも自称被害者は反対車線ショートカットしてるし。
どちらかと言うと狭くなってる地点に後から差し掛かった自称被害者が減速してアルファードを先に行かせるべきなのに何故かクラクションならしてますね。
自分が正しいと思ってるからドラレコ投稿しちゃってるんだろうけど、こういう人は困りますね。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

千葉 あおり運転 怒鳴るおわりに

今回は千葉 あおり運転 怒鳴るに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の千葉 あおり運転 怒鳴るは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回千葉 あおり運転 怒鳴るについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

千葉 あおり運転 怒鳴るの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

千葉 あおり運転 怒鳴るの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事