仙台 バスへの切り替えが話題沸騰!JRバス東北は?★画像・動画★ネットの声は?

仙台 バスへの切り替えがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

仙台 バスへの切り替えの概要は?JRバス東北は?

仙台 バスへの切り替えのニュースが次のように報道されています。

JRバス東北は仙台と東京を結ぶ便を先週よりも26便増やして対応していて、15日は午前7時の始発の便から満席となっています。

 地震で東北新幹線が運休しているため、仙台市では東北から東京などへの航空機やバスの臨時便を利用する人が相次ぎ、対応に追われています。

 東北新幹線が那須塩原と盛岡の間で運転を見合わせているため、JR仙台駅の窓口にはチケットの払い戻しや常磐線の特急券を買い求める人で長い列ができていました。

 在来線利用客:「急きょ、東京まで行かないといけないので。(在来線特急だと)4時間半ぐらいかな」

 また、仙台空港では全日空と日本航空が仙台と羽田を結ぶ臨時便合わせて12便の運航を決めたため、15日朝早くから搭乗手続きをする利用客の姿が見られました。

 飛行機利用客:「深夜バスも売り切れちゃってて、どうやって帰ろうとホテルで悩んでいた」

 JRバス東北は仙台と東京を結ぶ便を先週よりも26便増やして対応していて、15日は午前7時の始発の便から満席となっています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

仙台 バスへの切り替えが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の仙台 バスへの切り替えに関しての画像や動画です。

仙台 バスへの切り替えの動画をどうぞ。

在来線、航空便、バスへの切り替え急ぐ利用客 仙台

スポンサーリンク

仙台 バスへの切り替えのネットの声は?

仙台 バスへの切り替えのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「夜行バスすら満席とは、
いかに新幹線の運休が影響を及ぼしているかが分かる。
あまり取り上げられてないけど、
ときわやひたちといった在来線特急も指定がなさそうね。」という意見と
「このような緊急時は、東北本線でも、臨時の特急を運行すればいい。交直対応の特急車両に余裕が無いかもしれないけど。」という意見と
「新幹線がなかった時代の仙台~上野間の東北本線特急は4時間半から5時間ほどかかっていたようだ。今のJR東日本常磐線快速ひたちと似たような所要時間である。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「レンタカーも片道だけ使って乗り捨てする方が多いので
需要と供給のアンバランスが起こってるらしい!
こういう時こそ国は
民間インフラに対して臨時便などに協力してもらい
少しは補助金を出すべきでしょ!」
「そういえば確かに常磐線経由って手もあるなぁ」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

仙台 バスへの切り替えおわりに

今回は仙台 バスへの切り替えに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の仙台 バスへの切り替えは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回仙台 バスへの切り替えについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

仙台 バスへの切り替えの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

仙台 バスへの切り替えの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事