副反応 不安解消 対策が話題沸騰!愛知県では?★画像・動画★ネットの声は?

副反応 不安解消 対策がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

副反応 不安解消 対策の概要は?愛知県では?

副反応 不安解消 対策のニュースが次のように報道されています。

愛知県では医療関係者向けに“副反応”の不安解消に向けた研修が行われました。

14日、国内で初めて正式に承認されたファイザー社製のコロナワクチン。日本到着時の映像が公開されました。
今回空輸された第一便、およそ40万回分のワクチンは一旦国内の倉庫で、マイナス70℃以下で保管されます。今後、各地の接種拠点に超低温のまま輸送される予定です。
17日には一部の医療従事者を対象に先行接種が始まる見通しで、各地の自治体などでは接種に向けたシミュレーションや研修会が相次いでいます。愛知県では医療関係者向けに“副反応”の不安解消に向けた研修が行われました。

Q:妊娠中の人は?
医師:「生ワクチン以外は影響ないとされている。乳腺から(ウイルスが)出てくることはほぼなく、逆に抗体が母乳や胎盤から胎児に移行する可能性も」

Q:どういうアレルギーがリスク?
医師:「喘息、花粉症、ほかのワクチンのアレルギー、全部打ってもいいとなっている/ペグといわれる成分でアレルギーがある人以外問題ない」

Q:接種しなかった時のデメリットは?
医師:「重症化、リスク天秤で判断を」「打たなかったら対策をし続けなければいけないストレス」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

副反応 不安解消 対策が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の副反応 不安解消 対策に関しての画像や動画です。

副反応 不安解消 対策の動画をどうぞ。

「副反応」不安解消へ対策進む ワクチン正式承認

スポンサーリンク

副反応 不安解消 対策のネットの声は?

副反応 不安解消 対策のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「副反応は、必ずあるので、
接種希望者には必ず有効性と安全性を文書で説明して
有害事象についても事細かく説明して、
文書で同意をとることが必要となります。
その上で、各個人が判断すればいい。」という意見と
「私はすでにアメリカで2度の接種(ファイザー)を終えました。
副作用としては1回目2回目いずれも接種部位の痛みがあり、これに関してはインフルエンザよりやや強いかなと感じました。また2回目の接種後は翌日に悪寒と倦怠感もありましたので解熱鎮痛剤を飲みその翌日には改善しました。データも出てると思いますが、話を聞く限りでは接種されたほとんどの人は特に2回目接種後に発熱や倦怠感を訴えていますが、1日で改善しているようです。
私自身の考えとしてはこれらの症状より、コロナ感染によるリスクの方が高いと思いますので、接種して良かったと思っています。接種を希望しない方へ強く勧めているわけではありません。何か皆さんへのお役に立てればと情報共有としてコメントしました。早い終息を願っています。」という意見と
「あくまで個人的な意見ですが、現状の日本でこんなにもワクチン接種を急ぎ進めなければならないのかと思っています!
まぁオリンピックの予定も有るから
と言うのもあるでしょうが!
現状感染者数は減少傾向にあると思って
ますし、今までもインフルエンザの予防接種しない人も多数いた訳ですからね!

結論は希望者は打てば良い事にして、
その他は強制はしないで欲しいですね!」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「新型コロナワクチンを接種しておけば感染しにくくなることはかなりはっきりわかっている。
つまり有効性は高い。
短期的な副反応もわかってきている。
接種後三日間程度は痛みや発熱などが起こることがある。
一度目より二度目に接種したときのほうが副反応が強い。
アナフィラキシーショックが極めて稀に起こるが対処可能である。
わかっていないことは接種して10年位経ったあとの長期的な副反応であり、これは時間が経ってみないとわからない。
あと、新型コロナワクチンの効果期間もわかっていない。
効果期間が半年か一年か二年かは時間が経ってみないとわからない。
専門家は分かっていることと分かっていないことを両方説明すべきである。
あと日本人での治験が十分でないことも説明しておくべきである。
ただ日本人の場合あまり不安を与え過ぎると接種しなくなるので「接種しておいたほうが安心ですよ」という感じで良いかもしれない」
「そもそも、副反応について、明確に分かるワケがないでしょう。
まだ、作られて数か月しか経ってないんですよ?
数年スパンで経過観察しないと、本当の副反応は確認できないですよ。
ファイザーの元副社長かつ研究者のヴォルフガング・ヴォダーグ博士が、
昨年の12月にE欧州医薬品庁に対し、
ファイザー社の研究に関する告発を行っています。
曰く、「極めて深刻な安全上の危険性がある。
深刻な抗体反応を引き起こす懸念があり、
女性の胎盤を破壊し、不妊を引き起こす恐れがある」とのこと。
調べてください、本当のことです。
こういう報道、メインメディアでは一切やらないですよね?
何ででしょうね?
それでも打ちたい方は、どうぞどうぞ。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

副反応 不安解消 対策おわりに

今回は副反応 不安解消 対策に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の副反応 不安解消 対策は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回副反応 不安解消 対策について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

副反応 不安解消 対策の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

副反応 不安解消 対策の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事