在日ミャンマー人 無言の行進が話題沸騰!デモには?★画像・動画★ネットの声は?

在日ミャンマー人 無言の行進がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

在日ミャンマー人 無言の行進の概要は?デモには?

在日ミャンマー人 無言の行進のニュースが次のように報道されています。

デモには約5000人のミャンマー人が参加し、渋谷駅周辺から国連大学、表参道を行進して、アウン・サン・スー・チー氏の解放を求めました。

 クーデターへの抗議デモが続くミャンマーで、国軍側がプライバシー保護に関する法律を一部停止し、当局による令状なしの逮捕や拘束が可能となりました。

 ミャンマー国軍トップのミン・アウン・フライン総司令官は13日、国民のプライバシー保護などに関する法律の一部条項を停止すると発表しました。

 これにより、当局は裁判所の令状なしでの逮捕や、24時間を超える拘束などが可能となり、今後、デモに対するより厳しい取り締まりが行われる懸念が強まっています。

 日本に長く住む、ミン・スイさん:「ミャンマーの現状を知ってもらいたい。そして応援して頂きたい。ミャンマーの軍事政権を倒すために日本の国民の力が必要なので」

 デモには約5000人のミャンマー人が参加し、渋谷駅周辺から国連大学、表参道を行進して、アウン・サン・スー・チー氏の解放を求めました。

 新型コロナ対策で今回、シュプレヒコールなどは一切行わず、参加者はメッセージが書かれた紙を手に黙々と街を歩きました。

 併せてごみ拾いも行い、静かでクリーンなデモ行進ともなりました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

在日ミャンマー人 無言の行進が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の在日ミャンマー人 無言の行進に関しての画像や動画です。

在日ミャンマー人 無言の行進の動画をどうぞ。

在日ミャンマー人が無言の行進 母国の軍政に抗議

スポンサーリンク

在日ミャンマー人 無言の行進のネットの声は?

在日ミャンマー人 無言の行進のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「日本の国民の力が必要と言うか、じゃあ日本が困ってることに力を貸してくれるの?
軍政への抗議は支持するけど、都合が良すぎでは?」という意見と
「ミャンマー軍を倒すために力を貸してほしい?
無理だな!
日本は他国の軍を倒す事等出来ません。
日本国内でデモをする事は無言だろうか止めて下さい。
更に現在は駄目です、自国に帰国してからデモはやって欲しい。
他国迄巻き込んでデモはしないで欲しいですね。
一つ気になるのが、何故スーチーさんは
ロヒンギャ問題には無視をしているんですかね?
虐待され凄い事になってますが、そちらの方が関心が高いです。」という意見と
「ライブで見ていました。
スタート前にJAFの方がコメントされた後もデモに参加のミャンマー人の方達の反応が悪く『なんで?』と思っていましたが沈黙の行進だったんですね。
行進されている時に先頭を歩くミャンマー人が現状の説明をハンドマイクでされていたのですが、正直言って日本語が解りづらく何を言っているのか全くわかりませんでした。
日本人に現状を理解してもらいたいのであれば台本を書いて支援してくれている日本人がマイクで話した方がいいと思います。
コロナ禍でのデモには反対でしたが母国が大変な状況の中で沈黙の行進をしている方達を見て反対する気持ちが少し和らぎました。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「日本がデモを認めて市民が共感を寄せることは国軍側への圧力になり、それは日本の国益にもかなう。
それに大多数の価値観にも心情にもかなう。
日本は世界から孤立して生きていけないし、大国とも国益を掛けて駆引もしていかなくてはならない。」
「何故自国の政治問題で他国でデモする迷惑、他国の関係ない周辺住民の迷惑考えずデモ迷惑すぎない。中国国内でも同じくミヤンマー人デモしているですか。
自国に帰りデモすべきこと。他国で行うべきでない。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

在日ミャンマー人 無言の行進おわりに

今回は在日ミャンマー人 無言の行進に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の在日ミャンマー人 無言の行進は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回在日ミャンマー人 無言の行進について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

在日ミャンマー人 無言の行進の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

在日ミャンマー人 無言の行進の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事