ワクチン 国内初承認 ファイザー社製が話題沸騰!政府は?★画像・動画★ネットの声は?

ワクチン 国内初承認 ファイザー社製がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

ワクチン 国内初承認 ファイザー社製の概要は?政府は?

ワクチン 国内初承認 ファイザー社製のニュースが次のように報道されています。

政府はファイザー社から年内に7200万人分の供給を受けることで契約を結んでいます。

 ファイザー社が開発した新型コロナウイルスのワクチンが国内で初めて正式に承認されました。

 厚生労働省によりますと、ファイザー社のワクチンは3週間の間隔で2回打つ筋肉注射で、16歳以上が対象となります。

 妊婦のほか、体が弱い高齢者も個別に医師の判断を仰いだうえで接種できるということです。

 12日に開かれた厚労省の審議会で、発症を予防する効果が認められ承認することが了承されていて、14日に田村大臣が正式に承認しました。

 これを受け、17日には一部の医療従事者を対象に先行接種が始まる見通しです。

 政府はファイザー社から年内に7200万人分の供給を受けることで契約を結んでいます。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

ワクチン 国内初承認 ファイザー社製が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のワクチン 国内初承認 ファイザー社製に関しての画像や動画です。

ワクチン 国内初承認 ファイザー社製の動画をどうぞ。

新型コロナのワクチンを国内初承認 ファイザー社製

スポンサーリンク

ワクチン 国内初承認 ファイザー社製のネットの声は?

ワクチン 国内初承認 ファイザー社製のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「迅速な国内承認はありがたく感謝したい。
早く過酷な連続勤務で日夜感染リスクと直面して頑張っておられる医療従事者の方々に接種してあげて下さい。二の矢で医療従事者をカバーし高齢者への接種も急いで戴けると非常に助かります。我々中年は感染予防に努めて感染しないように日々を過ごし接種の時期が来るのを待ちます。これで感染拡大が抑制されていくことを願っています。」という意見と
「高齢者への接種まで終われば「劇的に重症患者は減る」ことはデータ的にも確実性が大変高い。
そういう意味で夏以降は医療負担も相当変わってくるだろう。
やはりワクチンは人類の決め手である。」という意見と
「4万人を対象に、本来なら感染する人だった95%の人を救っているのを昨年11月中には実証されて。海外では現在では既に1億回以上投与されて安全性がここまで確認されている薬を、今の今まで承認しなかった馬鹿さ加減を批判するのとは逆とは?こんなに安全な薬ってあるんですか?反対に、承認に反対する狂信者がここまで日本に山ほどいる事に愕然とします。
日本のワクチンが...?日本のワクチンで4万人規模で実証されたものがあるの?
日本の特効薬が...?私も罹患したらアビガンを投与してくれるようには頼みますが、効くという証拠が一切ない。昔、扁桃腺を切除すれば風邪にかからない、と日本人の子供の山ほど数扁桃腺が取られました。現在の結論は、意味がなかった、です。アビガンはどうなんですかね。
昔の日本人は「毒を以って毒を制する」と言いました。明治には天然痘を種痘を義務化(重篤な副作用出まくりだけど)したのに完全に退化」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「医療従事者からとは言うが、無関係な医療従事者は高齢者と同じ程度に後回しでいいよ
コロナ患者の相手もしていない、高齢の入院患者もいないなら優先する意義がない
ちょっとでも早く高齢者らに回せるようにしたほうがいい

患者も受け入れていない無関係な病院の医療関係者はホテルマンやらレジ打ちの人に接種するのと変わらんのでは?」
「射ちたくない人ももちろん尊重すれば良いけれど、ワクチン社会を前提に前に進もうとする人たちを批判するのはやめて欲しいかな」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

ワクチン 国内初承認 ファイザー社製おわりに

今回はワクチン 国内初承認 ファイザー社製に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のワクチン 国内初承認 ファイザー社製は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回ワクチン 国内初承認 ファイザー社製について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ワクチン 国内初承認 ファイザー社製の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

ワクチン 国内初承認 ファイザー社製の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事