森氏辞任表明 妨げになってはが話題沸騰!菅首相は?★画像・動画★ネットの声は?

森氏辞任表明 妨げになってはがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

森氏辞任表明 妨げになってはの概要は?菅首相は?

森氏辞任表明 妨げになってはのニュースが次のように報道されています。

菅首相は、周辺に「国の内外で批判がある中で、女性の起用や世代交代をしないと、変わったという印象を持ってもらえない」と話している。

森喜朗会長(83)が正式に辞任を表明した。

後任に指名された川淵三郎氏(84)だったが、一転、起用が見送られることになった。

そして大会組織委員会は、12日夕方に終了した。

12日午後3時、渦中の森会長が、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の臨時会合に出席。

公の場に姿を見せるのは“女性蔑視発言”の謝罪会見以来、8日ぶり。

その冒頭、会長職を辞任する考えを正式に表明した。

大会組織委・森会長「きょうをもちまして、会長を辞任いたそうと思っています。オリンピックを開催するための準備に、私がいることで妨げになってはならない」

そして12日夕方、IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長が、「IOCは森会長の辞任の決断を尊重し、その理由を理解する」とコメントを発表。

そのうえで、森会長の東京大会開催に向けた、これまでの貢献に感謝を述べた。

その森会長から直接、後継指名された組織委員会の川淵三郎氏。
しかし、起用は一転、見送られることになった。

理由の1つが、“密室人事”への批判。

閣僚経験者「もめ事を起こした本人が、いくら会長だからって、後任指名に絡んじゃったら意味ないじゃない」

加藤官房長官も、今後の会長選びについて、「透明性のある形で対応すべき」と苦言を呈した。

加藤官房長官「大会組織委員会は、公益財団法人でもあります。人事も含めた運営についても、透明性のある形で対応されていくべきもの」

起用見送りの一報は、12日午後1時ごろに自宅を出た川淵三郎氏本人の耳には入っていなかったよう。

記者「政府から会長起用見送りの意見が出てるが?」

川淵三郎氏「ああ本当? それはもう...そういうことが出たのなら、ある程度従わなくちゃいけないんじゃないの?」

記者「そういう話を聞いた?」

川淵三郎氏「全然聞いてない」

この“密室人事”は、皮肉にも、2000年に森喜朗氏が首相に就任した時にも批判されたもの。

当時の小渕恵三首相が倒れたあと、森氏自身を含む政権与党幹部5人が集まり、後継選びを主導。
まさしく“密室人事”で誕生した首相が、森氏だった。

そして今回の失言も、過去と同じ。

2000年5月、森喜朗首相(当時)は「日本の国、まさに天皇を中心にしている神の国であるぞ」と述べ、いわゆる「神の国」発言で多くの批判を浴びた。

川淵三郎氏の起用が見送られた背景にある、もう1つの要素が、政府の介入。

川淵氏後任案について、政府は、国民の間に反発する声があると判断。

組織委員会などに対し、川淵氏起用の見送りを働きかけた。

菅首相は、周辺に「国の内外で批判がある中で、女性の起用や世代交代をしないと、変わったという印象を持ってもらえない」と話している。

川淵氏は11日、菅首相の意向について「菅さんあたりは『もうちょい若い人はいないか』とか、『女性がいないか』って話はあったと聞いている」と話していた。

しかし、以前、菅首相は、国会での答弁で「人事の権限はない」と強調していた。

共産党・藤野議員「総理、辞任させるべきじゃないですか?」

菅首相「内閣総理大臣にその権限はない」

ところが12日、後継人事に異を唱える姿勢に転じた。

焦点は、次の会長が誰になるのか。

政府は、女性の起用を含め検討していて、候補には、橋本聖子五輪担当相が浮上している。

80代女性「元アスリートだからね。なんかあの今すごく動ける感じ。年齢的にも」

20代女性「トップを決めるのに、なんかこんなコロコロ変わったりとか、あいまいな感じで、東京オリンピック成功させたいのかなっていう不安はあります」

「ポスト森」に名前があがる橋本聖子五輪担当相は、12日の衆院予算委で、就任を要請された場合、受けるかどうか問われ、「私はそういった報道等について、全く今の段階では承知しておりません。組織委・評議員会・理事会・懇談会の場で、しっかりとした議論がなされると承知」と答えた。

ただ、橋本五輪担当相が組織委員会のトップに就任するには、オリンピック憲章に政治的中立がうたわれていることなどから、少なくとも大臣を辞める必要があるとの指摘もあり、難しい判断を迫られるとみられる。

白紙状態となった後任人事。

組織委員会には、透明性高い手続きが求められている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

森氏辞任表明 妨げになってはが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の森氏辞任表明 妨げになってはに関しての画像や動画です。

森氏辞任表明 妨げになってはの動画は以下から確認をお願いします。

森氏辞任表明「妨げになっては...」 “密室人事”に反発「透明性を」

スポンサーリンク

森氏辞任表明 妨げになってはのネットの声は?

森氏辞任表明 妨げになってはのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「密室人事が危惧される中、名誉会長の御手洗氏が理事からアスリートを中心に先行社10人弱を選ぶが、その理事の名は非公表となる方向という報道が出ている。
これは、社長を選ぶ取締役会の出席者を、権限なしの名誉会長が独自に指名し、それを一般株主に非公開にするのと同じだ。日本の大企業のトップともあろう者がこういう不透明な措置を平然と取るなら大変な問題だ。

会長を密室人事で決めるのは悪、それじゃあ会長を決めるメンバーを密室人事で選ぶってか? 何を考えているんだ。」という意見と
「川淵さんも森さんの辞任について問われて「普通は当たり前と思うことも、今はセクハラ、パワハラという時代だから」みたいな不用意なことを答えていたから、どっちにしろ発言が注目される中で、森さんとまた違ったタイプの失言癖のある川淵さんじゃ務まらなかったと思う。
あとオリンピック・パラリンピックの大会組織委員会って公益財団法人だから、理事会なりなんなりあって、辞める代表=代表理事が後任を直接指名できたりしないと思うのだが、実態は森さんが言えば決定みたいな、今回に限らず密室でいろんなことが決まるような体制だったのだろうか。」という意見と
「もうここは、国内と国際社会を納得させる人事を実行するしかない。女性の実際上の社会的地位がOECDでも最下位クラスだと言われている日本。大きな会社の取締役会の半数が女性役員、国会も半数が女性議員ならなければ、日本の衰退は止められないと言われている中での発言だったという事をきちんと理解しなければならない。たとえ失敗の可能性があっても、組織委員会の半数は女性委員にするとか、国政選挙で後任は男女同数だとか、そういう思い切ったことをやり、少しでも成果が出れば国際社会は日本に敬意を払うだろう。丸川さんを委員長にしても、彼女には無理だ。国際社会で戦ったVリーグの監督とか、突破力のありそうな人が絶対にいる思う。岡本綾子さんもいい。とにかく、この今は国際社会の中で通用した人に力を借りるといいだろう。そして、この人事をスタートラインにスポーツ、文化事業、政治で女性の地位を具体的に上げてこそ光明がある。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「密室人事ですか。やはり森会長は自民党の性癖が抜けていなかったんですかね。
それとも、理事会は機能しておらず、森会長の意見の発表会の場で、意見を言おうものなら森会長が怒っていたらしいですね。だから、理事会など私の言いなりと森会長は自分の思い通りになると、自分は相談役に残るんだと突っ走ったのかもしれませんね。
この時点で、最初の女性差別発言、2番目の逆切れ会見。3番目の公益法人私物化事件。
7年間の苦労を吹き飛ばすスリーアウトですね。」
「この組織の会長を人選する適切なプロセスが定まってないことが問題では?
人事の透明性って何ですかと問いたい。
民間でも人事決定プロセスはオープンになっている訳もないし、権限を持つ人達で検討・推薦さ、人事部等が形だけの判断をするだけ。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

森氏辞任表明 妨げになってはおわりに

今回は森氏辞任表明 妨げになってはに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の森氏辞任表明 妨げになってはは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回森氏辞任表明 妨げになってはについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

森氏辞任表明 妨げになってはの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

森氏辞任表明 妨げになってはの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事