WHO調査団メンバー 見解が話題沸騰!中国側の対応に関しては?★画像・動画★ネットの声は?

WHO調査団メンバー 見解がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

WHO調査団メンバー 見解の概要は?中国側の対応に関しては?

WHO調査団メンバー 見解のニュースが次のように報道されています。

中国側の対応に関しては、「誰もが正しいことをしようと努めていた」と評価した。

中国の武漢市で、新型コロナウイルスの起源について調査をしていた、WHO(世界保健機関)のオーストラリアのメンバーが、「新型コロナウイルスは中国から始まったと思う」と見解を述べた。

2月10日まで武漢市で調査にあたった、WHO調査団のドミニク・ドワイヤー氏は10日、オーストラリアメディアの取材に対し、「新型コロナウイルスが世界のほかの地域で始まったという証拠は極めて限られており、中国からだと思う」と述べた。

また、2019年11月中旬から12月初旬にはすでに広がり、コウモリを媒介して感染した可能性が最も高いとしたが、完全に判明するのには時間がかかるとの考えを示した。

一方、中国側の対応に関しては、「誰もが正しいことをしようと努めていた」と評価した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

WHO調査団メンバー 見解が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のWHO調査団メンバー 見解に関しての画像や動画です。

WHO調査団メンバー 見解の動画は以下から確認をお願いします。

「コロナは中国から始まったと思う」 WHO調査団メンバー見解

スポンサーリンク

WHO調査団メンバー 見解のネットの声は?

WHO調査団メンバー 見解のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「1年前、武漢から警鐘鳴らした李医師を始め、コロナウイルスが武漢ウイルス研究所で作られたという科学的な証拠を発表すると述べた閻麗夢(イェン・リーモン)博士など、コロナが武漢から始まったことを示唆する著名人は多く、証拠隠滅が完了した中共にあっても、世間の目を完全に欺くことは不可能だ。

時間がかかっても、コロナの起源を究明・解明することが大切であり、全世界の人々が望んでいることでもある。」という意見と
「武漢で最初感染爆発が起こったことは周知の事実だが、こんだけ感染力のあるウイルスが他で感染爆発せずに武漢にやってきたとは到底思えないので、「中国から始まったと思う。」ではなく中国から始まったとしか思えない。が正しい見解じゃないの?」という意見と
「WHOは世界で1億1千万人の感染被害者と230万人の感染死者が出ているパンデミックが問題のコウモリから武漢で感染爆発を起こすまでの感染ルートを科学的に解明して報告が出来るように調査を継続して下さい!

中国の関係者も解明に前向きであるとの事、“中間宿主”も解明出来ていない現状では、このパンデミックの重要な手がかりである”武漢の感染爆発”を解明する為に武漢に国際調査事務所を設置する事にも前向きでしょうからWHOは申し入れをして下さい、国際調査事務所に世界の叡智からの情報を集めて人類共通の敵のパンデミックを解明しましょう

パンデミックの解明が一朝一夕に出来るとは誰も考えていないでしょう、しかし解明しなければ新たなパンデミックが来年起こらないとは断言できません、ルート解明は人類生存の急務なのです、日本政府も多額の拠出金を出しているのですから申し入れを行って下さい」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「中国は各国から発生源の調査が必要と言われた時、または発生直後から隠ぺいに走ったはずだ。WHO調査団が入った時には、何も見つからないのは当然だ。
また事実を知っている国民がいても中共に逮捕されているか、脅されて何も言えないのだろう。
中国はそんな国だ。」
「何故発生したのか
武漢ウイルス研究所ウイルスの実験で漏れたのか
管理がずさんだから漏れたのか
WHOは何をどこまで把握してるのか
知ってるけど中国共産党に阻害されてる
この場合
WHOと中国共産党を調査する何かの機関が必要ですね
コロナで被害を受けた各国が共同でしないと駄目でしょう」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

WHO調査団メンバー 見解おわりに

今回はWHO調査団メンバー 見解に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のWHO調査団メンバー 見解は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回WHO調査団メンバー 見解について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

WHO調査団メンバー 見解の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

WHO調査団メンバー 見解の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事