ローカル線 希望の光が話題沸騰!大切な交通手段を守ろうと?★画像・動画★ネットの声は?

ローカル線 希望の光がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

ローカル線 希望の光の概要は?大切な交通手段を守ろうと?

ローカル線 希望の光のニュースが次のように報道されています。

観光客の激減でローカル鉄道の売り上げは深刻な事態に陥っています。地元の住民らが大切な交通手段を守ろうとあの手この手で応援です。

 観光客の激減でローカル鉄道の売り上げは深刻な事態に陥っています。地元の住民らが大切な交通手段を守ろうとあの手この手で応援です。

 群馬県と栃木県を結ぶ「わたらせ渓谷鐵道」。豊かな自然が魅力。紅葉シーズンには観光列車を運行するなどして収益を上げてきました。

 しかし、コロナ禍で状況は一変。去年の売り上げは一時、例年の1割にまで落ち込みました。そうしたなか、鉄道会社では、この状況を打破しようと涙ぐましい努力を重ねてきました。

 まず仕掛けたのが「鉄印」です。全国のローカル鉄道が手を組んで始めた「鉄道版の御朱印」です。鉄印の効果もあって、一時は大きく落ち込んだ乗客数が徐々に回復。7割近くまで戻ったといいます。

 ところが、その後、またも新型コロナの感染が拡大。わたらせ渓谷鐡道は再び厳しい状況に追い込まれています。

 そんな鉄道会社を親身に応援する存在がありました。地元の人たちです。沿線のほとんどが無人駅のため、駅長をかって出て掃除や観光案内などを行う住民もいます。

 地元の人たちが設置した毎年恒例のイルミネーション。観光客の目を楽しませてきました。イルミネーションは鉄道存続の願いを込めた希望の光なのです。ところが…。

 乗客:「(客が)いてもいいという感じ。金曜の夜で…ガラガラ」

 感染防止のために観光をする人が減り、乗客が少なくなることは仕方がありません。しかし、その一方で、売り上げが減り続ければ地元の人たちの大切な交通手段が存亡の危機に立たされる可能性もあるのです。

 観光客によって支えられてきたローカル鉄道。

 わたらせ渓谷鐵道・品川知一社長:「住民の応援がなくては成り立たない。なんとかコロナの時期を乗り切りたいと思って頑張っています」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

ローカル線 希望の光が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のローカル線 希望の光に関しての画像や動画です。

ローカル線 希望の光の動画をどうぞ。

感激!苦境のローカル線に希望の光 地元住民が応援

スポンサーリンク

ローカル線 希望の光のネットの声は?

ローカル線 希望の光のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「田舎っぺに経済的合理性がないから鉄道が人口動態以上に激減して、運営困難になってんの。
地元民でもあまり通らないところにハイウェイみたいなのを通すし、極度なモータリゼーションで輸送力が足らなく、市街地をスプロール化させる一方で、
それなりに乗客が乗っていた路線でもほったらかしで、幹線のバス路線でさえもだめになってる。
都市計画になっていないよ。ガチの田舎。」という意見と
「今こそ、地元の皆さんが乗らねば。わてつの場合、国鉄足尾線時代に盛んに「乗って残そう」運動をした実績もあるし。
逆に地元の人が乗らないなら、廃線しても良いのでは?
少子化で通学輸送もバスで対応出来そうだし、道路は国鉄時代よりよくなっているし。」という意見と
「頑張ってほしい。
鉄道は収支より地域の装置だ」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「コロナ終息が見えて来た」
「綺麗やなぁ~観光とかここ1年忘れとったなぁ~」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

ローカル線 希望の光おわりに

今回はローカル線 希望の光に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のローカル線 希望の光は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回ローカル線 希望の光について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ローカル線 希望の光の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

ローカル線 希望の光の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事