ワクチン 供給遅 争奪戦が話題沸騰!政府は?★画像・動画★ネットの声は?

ワクチン 供給遅 争奪戦がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

ワクチン 供給遅 争奪戦の概要は?政府は?

ワクチン 供給遅 争奪戦のニュースが次のように報道されています。

政府は、これまでの集団接種から個別接種も活用するよう方針を転換していて、東京・練馬区では全国に先駆けて「掛かり付け医で接種ができる仕組み」、「練馬区モデル」を進めています。

 いよいよ来週半ばにもワクチン接種が医療従事者から始まる予定ですが、ワクチンの確保は十分なのか、そして予約はどうしたらいいのか。どのような副反応の可能性があるのでしょうか。

 11日、東京の新規感染者は434人。重症者は103人でした。緊急事態宣言の維持で調整が進むなか、もう1つ懸案となっているのが、いよいよ始まるワクチン接種です。

 来週にもファイザー製のワクチンが承認される見通しですが…。

 田村厚生労働大臣:「すぐに承認をさせて頂いて、もう接種体制の方を進めて参りたいと、もうすぐにでも対応させて頂きたいと」

 政府は、これまでの集団接種から個別接種も活用するよう方針を転換していて、東京・練馬区では全国に先駆けて「掛かり付け医で接種ができる仕組み」、「練馬区モデル」を進めています。

 その一番の課題というのが、ワクチンの確保です。世界各地で進むワクチン接種。しかし、国民の1割が1回目の接種を終えたアメリカではここにきてワクチン供給の遅れが目立ち始め、予約も取りづらい状況に。EU(ヨーロッパ連合)でも…。

 また、日本でも導入予定のアストラゼネカ製のワクチンですが、WHO(世界保健機関)が安全性や免疫反応を認めて高齢者への接種を推奨したのに対し、変異ウイルスが確認されている南アフリカでは効果が限定的であるとして接種を延期するなど対応に差が。

 日本でもこのまま予定通り接種が始まり、必要な量をそろえることはできるのでしょうか。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

ワクチン 供給遅 争奪戦が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のワクチン 供給遅 争奪戦に関しての画像や動画です。

ワクチン 供給遅 争奪戦の動画をどうぞ。

ワクチン来週から!世界で供給遅&争奪戦も

スポンサーリンク

ワクチン 供給遅 争奪戦のネットの声は?

ワクチン 供給遅 争奪戦のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「初回の1万回分なんか微々たるものだからEUも気にすまい。
 問題は本格的に接種を始める3月以降、必要量を確保できるかどうかだ。
 順調に輸入が進むようなら幸いだが、実際に何が起きるかというと、納品の遅れ、また遅れ。まずそうなる。なぜかというと、海外ニュースなどでは欧米ともワクチンの供給が思うようにできていないようだから。向こうの国にしてみれば国内に製造拠点があるのだから、自分たちの分が遅れたまま一部が海外に出ていくなんて、到底認められないだろう。アストラゼネカについては相当量を日本国内で生産するらしいから確実性は増すだろうが。
 外交交渉でなんとかワクチンを確保したいところだろうが、EUにしてみれば「日本はEUに比べて感染者も死亡者もずっと少ない。多少遅れたっていいだろう」と思うに決まってる。
 今から覚悟して政府を責めないでいてあげよう、か?」という意見と
「そりゃ各国とも政権の安定支持率に大きく左右されるからね!!!日本だって独裁者は単にたかが一万人程度のコロナワクチン接種でまるで「コロナ対策戦争」に打ち勝ったの如く政治パフォーマンスが始まり逆に第二陣以降のワクチン到着の遅れが出たら国会での野党の質問が厳しくなるだけだろうな・・・?それに接種する医療施設内で接種者と未接種者が発生した場合に万万が一その医療施設でクラスター発生したら職場の人間関係が厄介だろうな・・・」という意見と
「厚労省の大失策によりファイザーワクチンの入荷不足により混乱が生じパニックになる!

ファイザーワクチンの契約は7200万人分
しかし欧米では1瓶で6回取れるが厚労省の発注した日本の注射器では1瓶で5回分しか取れない
これにより実質6000万人分に減ってしまった
何と1200万人のワクチンが廃棄される
また6月末迄に確保するとしていたが最近になって年末迄遅れると変更した
ならば高齢者の接種が終わる予定の6月末迄に何人分のファイザーワクチンが入荷出来るか確定していない

ファイザーワクチンは世界中で獲得競争となっている
ならば日本に6月末迄に医療従事者の370万人はともかく高齢者の3600万人分のファイザーワクチンが入荷できるのか?
仮に運良く高齢者には接種出来たとしてもその後必ずワクチン不足になりパニックとなる
何故なら16歳以上の国民はは1億人
ファイザー契約数は最大6000万人しかない!」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「ファイザー社のCEOは、最近多量の保養株を売ってます。
順調に摂取が続けば値上がりが確実な銘柄にも関わらず。

CEOは自社のワクチンは摂取してません。その理由について、「CEOだからと言って割り込んでで打つことはできません」と言っているが、可笑しな話です。

ワクチンの開発責任者2名はファイザーを退社し、ワクチンの摂取を中止するようにEUに嘆願書を提出してます。
抗体依存性増殖にリスクが高い。」
「ワクチン接種すれば世界はコロナ前の日常に戻れるのか?とてもそうは思えないが...世界中、藁にもすがる心境になってるとしか思えない。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

ワクチン 供給遅 争奪戦おわりに

今回はワクチン 供給遅 争奪戦に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のワクチン 供給遅 争奪戦は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回ワクチン 供給遅 争奪戦について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ワクチン 供給遅 争奪戦の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

ワクチン 供給遅 争奪戦の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事