厚労省 アドバイザリーボードが話題沸騰!政府は?★画像・動画★ネットの声は?

厚労省 アドバイザリーボードがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

厚労省 アドバイザリーボードの概要は?政府は?

厚労省 アドバイザリーボードのニュースが次のように報道されています。

政府は当初、12日、一部の地域について緊急事態宣言を解除する方向で調整を進めていましたが、医療体制が依然として逼迫(ひっぱく)していることから、解除は見送る方針だということです。

 厚生労働省では専門家らが新型コロナウイルスの感染状況の分析などを行っています。

 田村厚労大臣:「まだまだ病床の方には十分に余裕がない状況で保健所も大変だと思うが、もう一段感染拡大を封じるための対応を考えていかなければならない」

 厚労省で11日午前11時半から始まったアドバイザリーボードでは、新規の感染者や重症者の数は減ってきたものの、一部の地域で入院先が決まらない患者が多くいることや変異ウイルスの監視のため、検疫やスクリーニング検査の体制強化などについて話し合われています。

 政府は当初、12日、一部の地域について緊急事態宣言を解除する方向で調整を進めていましたが、医療体制が依然として逼迫(ひっぱく)していることから、解除は見送る方針だということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

厚労省 アドバイザリーボードが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の厚労省 アドバイザリーボードに関しての画像や動画です。

厚労省 アドバイザリーボードの動画をどうぞ。

厚労省アドバイザリーボード「病床まだまだ苦しい」

スポンサーリンク

厚労省 アドバイザリーボードのネットの声は?

厚労省 アドバイザリーボードのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「現状、医療体制の強化が進んでいないは誰が見てもわかります!変異株の拡大も読めない!有事のの際は、国は重症者専用医療施設と自宅療養者向けに簡易施設をを作り、徐々に医療体制を整備していかないと、一般の医療に支障を来たす!対応レベルの箱はあると思います!早期の変異株の掌握、感染蔓延阻止、第4波を未然に防ぐために先手の変異株把握検査の拡大、医療体制の整備!具体的に何も進んでいないまま、短期決戦で打開しなきゃ、自粛だけ続けていけば、経済は疲弊する。また、再自粛の度に補償と安心感のないまま、国民は疲弊、経済の回復まで長期化してしまうことは明らかです!」という意見と
「重症者減らす努力ともに、病床増やす対策は検討いただけないのでしょうか?
民間病院で対応できる事項あれば、より協力をもとめていくことが必要と思います。
医者のなかで、善意の医者もおれば金儲けに苦心している医者もいるようで
コロナでは、医療界の病巣が明らかになったようにも思います。」という意見と
「このまま1か月後に緊急事態宣言を解除すれば、その2か月後には変異種の拡大で第4波が起きるのは確実だろう。その時は3波の2倍以上に感染者が急速に増えると予測され、医療はあっという間に崩壊する可能性がある。陽性確認数が100以下になったらクラスター戦略だけではなく大規模検査戦略で抑え込む必要がある。全自動検査機ならほぼ100%の特異度で擬陽性の心配はない。2回検査で感度も90%相当となる。「重症者ベッド数を注視」しているうちに巷にハイリスク患者が溢れたなどという間抜けな失敗を繰り返してはならない。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「病床は苦しいは国民に対していうことではない。
国民は新規陽性者を減らした。」
「結局が脆弱な医療制度に振り回されているだけなので、緊事宣もタイミングが合わない」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

厚労省 アドバイザリーボードおわりに

今回は厚労省 アドバイザリーボードに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の厚労省 アドバイザリーボードは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回厚労省 アドバイザリーボードについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

厚労省 アドバイザリーボードの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

厚労省 アドバイザリーボードの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事