存続の危機 江戸東京野菜が話題沸騰!普通の青首大根の倍近く?★画像・動画★ネットの声は?

存続の危機 江戸東京野菜がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

存続の危機 江戸東京野菜の概要は?普通の青首大根の倍近く?

存続の危機 江戸東京野菜のニュースが次のように報道されています。

普通の青首大根の倍近くあるという練馬大根。農家の高齢化で長いダイコンを抜く作業が大変になり、多くの大根農家が青首大根に移行していったといいます。

 シリーズでお伝えする「未来をここから」、12日は「食文化」の未来です。江戸時代から続く「江戸東京野菜」を次の世代に伝える取り組みとは。

 江戸東京野菜の一つで、東京・練馬区が誇る野菜といえば「練馬大根」です。

 実は練馬大根は年々、生産者が減り続け、現在は20軒ほど。今ではほとんど出回ることのない希少な品種です。
 
 普通の青首大根の倍近くあるという練馬大根。農家の高齢化で長いダイコンを抜く作業が大変になり、多くの大根農家が青首大根に移行していったといいます。

 渡戸さんは江戸東京野菜を残そうと、自家製のたくあん漬けや区に練馬大根を提供し、学校給食のメニューとして出すなど練馬大根を残す活動を続けています。

 今が旬のネギにも存続の危機が迫っていました。

 東京・足立区の江戸東京野菜の一つ、「江戸千住ネギ」。関東では5軒の農家しか残っていないといいます。

 育てるのが難しく、多くの農家は均一に育つ品種改良したネギに移行していったといいます。

 内田さんは江戸千住ネギを残そうと、ネギ卸の会社と一緒にある活動を続けていました。

 「ネギ坊主」と呼ばれるネギの花から取れる種を地元の小学校に提供して栽培。江戸千住ネギを未来に残す活動は今も続いています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

存続の危機 江戸東京野菜が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の存続の危機 江戸東京野菜に関しての画像や動画です。

存続の危機 江戸東京野菜の動画をどうぞ。

存続の危機「江戸東京野菜」 次世代に伝えるために

スポンサーリンク

存続の危機 江戸東京野菜のネットの声は?

存続の危機 江戸東京野菜のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「種が淘汰されるのも自然の流れ。
身を任せても、良いものは残る。
ただ、種屋も自然に対して謙虚にあって欲しい。」という意見と
「東京23区で江戸時代から残っている農地は1%に満たないんでなかろうか。都か区、大企業が管理しない限り存続は難しいと思う。」という意見と
「田舎者からしたら、東京23区内の街中にポツンと農地が現れ、そこから立派な作物が取れている画は不思議な光景にみえます。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「必要なかったら消える。売れたら残る。」
「練馬大根を継承する人が現れる事を期待してます。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

存続の危機 江戸東京野菜おわりに

今回は存続の危機 江戸東京野菜に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の存続の危機 江戸東京野菜は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回存続の危機 江戸東京野菜について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

存続の危機 江戸東京野菜の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

存続の危機 江戸東京野菜の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事