京都市 鴨川 真っ赤が話題沸騰!染色工場などから?★画像・動画★ネットの声は?

京都市 鴨川 真っ赤がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

京都市 鴨川 真っ赤の概要は?染色工場などから?

京都市 鴨川 真っ赤のニュースが次のように報道されています。

下水処理場に通じる管が木のかたまりなどで塞がったことが原因で、染色工場などから出された排水が直接、川に流れた可能性があるということです。

 6日、京都市の鴨川が真っ赤に染まった問題で、市は水を採取して成分を分析するなどしました。

 その結果、赤い水は染色工場などから出された排水の可能性があることが分かりました。

 市の下水は、排水量が増えた場合、家庭や事業所から出る汚水を下水処理場を通さずに直接、川へ放流する仕組みになっていますが、6日は特に大雨などは降っていませんでした。

 それでは、一体なぜ、染色工場などから出された排水が直接、川へ流れ込んだのでしょうか。
 その原因は、“ある意外な出来事”にありました。

 下水処理場に通じる管が木のかたまりなどで塞がったことが原因で、染色工場などから出された排水が直接、川に流れた可能性があるということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

京都市 鴨川 真っ赤が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の京都市 鴨川 真っ赤に関しての画像や動画です。

京都市 鴨川 真っ赤の動画をどうぞ。

京都の“真っ赤な鴨川”原因は…ある意外な出来事?

スポンサーリンク

京都市 鴨川 真っ赤のネットの声は?

京都市 鴨川 真っ赤のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「子供の頃、自宅前の水路は毎日色が変わって通称ネオン川と呼ばれてました。昭和の京都はどこもそうでしたよ・・・。鴨川・桂川でも友禅流しが風物詩になってました・・。ネオン川の正体は化学染料でしたけど・・。」という意見と
「それプラス鳥羽にある「京都市下水処理場」は下水を溜めて汚物を沈殿させる時間が短いから、完全に沈殿しきれずにこうして川に流されている事実を知らないといけない。」という意見と
「合流式の処理場はよくこういうシステム採用してますね。豪雨明けなんかは川のコンクリート面にトイレットペーパーが破砕されたカスが大量についてたりします」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「【木の塊でふさがれる】・・なるほど分かりやすい原因でよかった・・と安心してしまうのだが【赤色】【血の色】・・というのが疑惑や何かの暗示では?etc憶測を呼んでしまう。」
「そこまで原因がわかっていながらいまだに発生源がわからないままなのでモヤモヤする。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

京都市 鴨川 真っ赤おわりに

今回は京都市 鴨川 真っ赤に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の京都市 鴨川 真っ赤は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回京都市 鴨川 真っ赤について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

京都市 鴨川 真っ赤の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

京都市 鴨川 真っ赤の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事