コロナ解雇 雇い止め 8万人超が話題沸騰!業種別では?★画像・動画★ネットの声は?

コロナ解雇 雇い止め 8万人超がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

コロナ解雇 雇い止め 8万人超の概要は?業種別では?

コロナ解雇 雇い止め 8万人超のニュースが次のように報道されています。

業種別では、製造業や飲食業、小売業、宿泊業などが大きな影響を受けている。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、解雇や雇い止めになった人が8万人を超えたことがわかった。

厚生労働省によると、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、解雇や雇い止めになった人は、1月6日時点で見込みも含めて8万121人になった。

2020年9月までは1カ月あたり1万人前後で推移していたが、2020年10月以降はピーク時に比べて、増加幅が減少傾向にあるという。

また、パートやアルバイトなどの非正規労働者は、2020年12月25日時点で3万8,009人だった。

業種別では、製造業や飲食業、小売業、宿泊業などが大きな影響を受けている。

今後、1都3県に緊急事態宣言が再び発令されることで、解雇や雇い止めの増加が懸念される。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

コロナ解雇 雇い止め 8万人超が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のコロナ解雇 雇い止め 8万人超に関しての画像や動画です。

コロナ解雇 雇い止め 8万人超の動画は以下から確認をお願いします。

コロナ解雇・雇い止め8万人超 「緊急事態宣言」で増加の懸念も

スポンサーリンク

コロナ解雇 雇い止め 8万人超のネットの声は?

コロナ解雇 雇い止め 8万人超のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「大手ホテル勤務ですがうちでは現在もパートやバイトなどを中心に従業員の約半数が雇用調整助成金を貰って自宅待機しています。
こういった人たち助成金の打ち切りと同時に解雇されるのは目に見えてるので、失業者はとんでもない数字になりますよ!」という意見と
「店ばかりじゃない。そこに卸している取引先や生産者も影響を受ける。
終息していないのに、GOTOをごり押ししてウィルス拡大に加担した政府の責任は大きい。口先ばっかで報酬無しでこれから仕事すればわかるじゃないのどういう事か。」という意見と
「倒産、解雇、失業は仕方ないと思います。

しかし問題は、人手不足の職が重労働低賃金だということです。

私も就職氷河期、リーマンショックなどで、転職数回しましたが、専門職でも低賃金なのです。

人手不足の職は重労働は仕方ないにしても、低賃金が問題です。
普通に生活できる賃金なら、そこに転職する人も多いでしょう。

下手に斜陽産業を持続させるより、必要な職なのに低賃金の職に支援をしてほしいと思います。

下手な所に税金を使うのは辞めませんか。

教員、保育士、看護師、介護士を増やす必要があるなら、そこに税金投入してほしいということです。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「厚生労働省が出した数値だとハローワークに求職手続きをした人達が対象でしょう。
廃業や休業を余儀なくされた経営者やフリーランスの人々まで含めるとかなりの数にのぼるでしょう。
この状況下では新規の求人は望めそうにありません。
一刻も早く救済策を講じるべきかと思います。」
「記事の統計はあくまで見込み値であり、また再就職者などは計算に含まれていません。

ならば労働力調査を見てみましょう。

統計最新である2020年11月時点の就業者数は6701万人でした。
昨年同月と比べ-58万人。
コロナ禍の影響でしょう。
しかし同年4月と比べると+76万人。
つまり年初の影響で昨年より数は減らしたが春以降は回復傾向にあったと言うことです。

年始の緊急事態宣言は4月頭から5月末まで。しかし就業者数は前述した通りむしろ回復傾向にありました。
つまるところ就業者数はコロナ禍で減少したが緊急事態宣言により減少したかは、、不明ですね。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

コロナ解雇 雇い止め 8万人超おわりに

今回はコロナ解雇 雇い止め 8万人超に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のコロナ解雇 雇い止め 8万人超は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回コロナ解雇 雇い止め 8万人超について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コロナ解雇 雇い止め 8万人超の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

コロナ解雇 雇い止め 8万人超の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事