WHO 入国できないが話題沸騰!中国外務省は?★画像・動画★ネットの声は?

WHO 入国できないがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

WHO 入国できないの概要は?中国外務省は?

WHO 入国できないのニュースが次のように報道されています。

中国外務省は6日、WHOの調査団に入国の許可を出していない理由の一つとして、国内で新型コロナの感染が相次いでいることを挙げました。「訪問の具体的な日程と詳細については協議中」としています。

 WHO(世界保健機関)の新型コロナウイルスの起源を調べる調査団が中国に入国できなかったことについて、中国政府は国内の感染拡大が原因の一つだと主張しました。

 中国外務省・華春瑩報道局長:「中国国内の一部の地域で新型コロナのクラスターの発生で感染が相次ぎ、専門家が新たな戦いに入っている」

 中国外務省は6日、WHOの調査団に入国の許可を出していない理由の一つとして、国内で新型コロナの感染が相次いでいることを挙げました。「訪問の具体的な日程と詳細については協議中」としています。

 新型コロナの発生源については多くの研究が世界の複数の場所でパンデミックが引き起こされた可能性が高いことを示唆しているという主張を繰り返しました。

 「開放、透明、責任のある態度で調査を行っている」と強調しましたが、具体的な調査結果は明らかにしていません。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

WHO 入国できないが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のWHO 入国できないに関しての画像や動画です。

WHO 入国できないの動画をどうぞ。

WHO入国できない…「一部でクラスター」と中国主張

スポンサーリンク

WHO 入国できないのネットの声は?

WHO 入国できないのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「武漢は完全に抑えられたと市民が活動する様子映像が高らかに流されたことから武漢に入るには何ら問題はないはず。今まで国内発生も一桁、それも海外からと報道していたが一体突然なクラスター発言、開示したくない証拠が武漢にはまだ存在することがWHOの調査入国を拒否していると疑わざるを得ない。しかし中国がWHO入国拒否行動に出てくることはその傲慢さのあらわれか、又はWHOを弄ぶほど支配していることを誇示しているかではないか。」という意見と
「外務省の報道局長が外国記者向けに発表しているのでしょ。記者はその発表を垂れ流すだけですか。コロナの調査といい、香港問題といい、国際社会の厳しい意見に対する中国のコメントをもっと追及してはどうでしょう。」という意見と
「昨年1月、武漢でコロナが発生した時は、事務局長が二度も訪中して、あろうことか習近平主席と面談したのに、同じコロナでも今回は違うようですね。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「調査団の中に煙たい団員が居たからでしょ。WHOと中国政府の言いなりになる団員なら良いんだよね。」
「感染対策に集中?
そんなに感染爆発しているのか。
やはり、中国は隠していた。

それとも、対日生物兵器(ウイルス兵器)開発の証拠隠しが不十分だったのかな?
日本の水源地買い漁りも理由があるんでしょ。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

WHO 入国できないおわりに

今回はWHO 入国できないに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のWHO 入国できないは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回WHO 入国できないについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

WHO 入国できないの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

WHO 入国できないの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事