年末年始不休 現場 負担限界が話題沸騰!医療スタッフは?★画像・動画★ネットの声は?

年末年始不休 現場 負担限界がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

年末年始不休 現場 負担限界の概要は?医療スタッフは?

年末年始不休 現場 負担限界のニュースが次のように報道されています。

医療現場には年末年始の休みはありません。埼玉県川越市にある埼玉医科大学総合医療センター。医療スタッフは、これまでに体験したことのないコロナ診療で精神的なストレスを抱えています。

 感染拡大が続くなか、新型コロナウイルスの治療に関わる医療現場は年末年始も休むことなく対応に追われました。埼玉県の大学病院では定員を超える重症者を受け入れるなど、負担は限界に達しています。

 医療現場には年末年始の休みはありません。埼玉県川越市にある埼玉医科大学総合医療センター。医療スタッフは、これまでに体験したことのないコロナ診療で精神的なストレスを抱えています。この病院ではコロナ重症者用の病床が4つありますが、すべて埋まりました。重症者は7人に増えました。元々、中等症で入院していた患者3人が重症化したためです。病院側は中等症のベッドを運用し、なんとか対応しています。2020年も終わりに近付いたこの日もまた一人、患者が運ばれてきました。
 患者の治療にあたる岡秀昭医師。たくさんのコロナ患者を診てきたなかで、ある“特徴”があるといいます。体内の酸素の数値が通常よりも大きく低下しているにもかかわらず、息苦しさを感じないというのです。
 現場の危機感は増しています。東京都は確保しているコロナ患者のベッドの8割が埋まるなど、医療は逼迫(ひっぱく)しています。大みそかの東京医科歯科大学医学部附属病院。年末年始にかけて30人の疑いのある患者を受け入れ、慌ただしい状況が続きました。
 そんななか、少しでもお正月気分を味わってもらおうと、厨房で作った「おせち弁当」が患者や職員たちに配られました。病院では4日もコロナ患者の治療が続いています。しかし、患者が減らない今、受け皿としての病院にも限界があるといいます。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

年末年始不休 現場 負担限界が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の年末年始不休 現場 負担限界に関しての画像や動画です。

年末年始不休 現場 負担限界の動画をどうぞ。

“医療崩壊”も…年末年始不休の現場で負担限界に

スポンサーリンク

年末年始不休 現場 負担限界のネットの声は?

年末年始不休 現場 負担限界のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「以前に娘が看護師として勤務していました。コロナ患者が入院するようになってからは看護師の退職者も増えて、今迄以上に激務になり、その上勤務に見合わない給料、精神的に疲弊していました。待遇等気の毒に思います。」という意見と
「限界とか寸前とかギリギリでは国民は「まだ大丈夫みたい」と受け取るので、一般外来の診察件数を一日先着で何人までと公式で発表したりするなど、具体的なひっ迫具合を示したほうが良いと思います。」という意見と
「予防衣を着たまま、手袋をはめたままパソコンを操作している時点で、限界を感じます。
もう、疲弊して当たり前の感染予防も出来ない状態
感染予防の知識が少しでもあれば、恐ろしい光景です
医療崩壊も?ではなく医療は崩壊しています。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「医療従事者はよく考えた方がいい。転帰が悪ければそのうちその頑張りを揚げ足取ってくる弁護士や家族が必ず現れる。取れるところから取ろうとしてくる。その時日本政府は何も助けてくれない。キャパオーバーでやっても美談にはならない時代だよ。」
「医療者です。今まで使命感で働いてましたが疲れ切ってしまい退職を決めました。仕事量は増えるのにボーナスはもらえず、精神的にも一杯になりました。
医療者も1人の人間。崩れる前に休むのも大事。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

年末年始不休 現場 負担限界おわりに

今回は年末年始不休 現場 負担限界に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の年末年始不休 現場 負担限界は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回年末年始不休 現場 負担限界について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

年末年始不休 現場 負担限界の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

年末年始不休 現場 負担限界の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事