アリババ 傘下 罰金処分が話題沸騰!習近平指導部は?★画像・動画★ネットの声は?

アリババ 傘下 罰金処分がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

アリババ 傘下 罰金処分の概要は?習近平指導部は?

アリババ 傘下 罰金処分のニュースが次のように報道されています。

習近平指導部は今月、インターネット企業を念頭に「独占に断固反対する」と表明。24日にはアリババ・グループについて独占禁止法違反の疑いで調査を始めたと発表するなど、巨大ネット企業への締め付けを強めています。

 中国政府は、IT大手の「アリババ・グループ」が運営するネット販売会社など3社に対して、商品に不当な価格を設定したなどとして罰金の処分を科しました。

 中国の市場監督管理総局は30日、中国のIT大手「アリババ・グループ」が運営するネット販売会社「Tモール」など3社について、それぞれ罰金50万元、日本円でおよそ800万円の処分を科したと発表しました。処分はいずれも24日付で、3社は先月1日からおよそ1か月の間に根拠のない高い価格を設定したうえで割引セールを行い、商品が安くなったと見せかけるなど、不当な価格設定を行ったということです。

 習近平指導部は今月、インターネット企業を念頭に「独占に断固反対する」と表明。24日にはアリババ・グループについて独占禁止法違反の疑いで調査を始めたと発表するなど、巨大ネット企業への締め付けを強めています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

アリババ 傘下 罰金処分が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のアリババ 傘下 罰金処分に関しての画像や動画です。

アリババ 傘下 罰金処分の動画は以下から確認をお願いします。

中国政府、「アリババ」傘下のネット販売会社など3社に罰金処分

スポンサーリンク

アリババ 傘下 罰金処分のネットの声は?

アリババ 傘下 罰金処分のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「どうでしょう。この背景には、中国の内部闘争の動きがあるのでしょうか。一般的に、今まで頼みとしていたものが、頼みでは無くなった瞬間に命運が尽きる状況もまま見受けられますが、どうなんでしょう。対外的に強行にのぞんでいる外交姿勢も、内政的な不安定化の裏返しと称する向きもありそうですね。」という意見と
「ロシアのプーチンと新興財閥の政争に似ている気がする。

中国にミニプーチンの様な人物が誕生したか、
習近平の政治的な教師はプーチンなのかもしれない。

「独占に断固反対する」?
チャイナテレコム、ペトロチャイナ、中国工商銀行、中国中車は大変だろうな。

もしかして、アメリカ政府はチャンス?
独占を見逃してもらうために上納金を納める。
その上納金をアメリカ政府がワイロ認定すれば、
連邦海外腐敗行為防止法の下、罰金を科す事が出来る。

これはもしかしたら、中国指導部からアメリカ政府へのワイロかもしれない。」という意見と
「よほど余裕がないらしいな。まだまだ粘りそうだと思ってたが。
潰すまでもないかもね。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「おや、まるで日本の楽天セールみたいですね。」
「言うこと聞かなかったら消えてもらいます。
BY集金ペイ」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

アリババ 傘下 罰金処分おわりに

今回はアリババ 傘下 罰金処分に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のアリババ 傘下 罰金処分は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回アリババ 傘下 罰金処分について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

アリババ 傘下 罰金処分の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

アリババ 傘下 罰金処分の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事