調布 道路陥没問題が話題沸騰!ネクスコ東日本は?★画像・動画★ネットの声は?

調布 道路陥没問題がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

調布 道路陥没問題の概要は?ネクスコ東日本は?

調布 道路陥没問題のニュースが次のように報道されています。

この問題で、ネクスコ東日本は、トンネル工事と陥没との因果関係を認め、家屋の被害についても個別に判断して補償する方針だが、27日に記者会見した住民からは、「年末年始にまた事故があった場合はどうすればいいのか」などの不安の声が上がっている。

東京・調布市で起きた道路陥没問題で、周辺の家屋など58軒で、ヒビなどの被害が確認されたことがわかった。

これは、地元の住民団体が調査したもので、室内のヒビやドア・床の傾き、基礎部分の亀裂など、58軒で被害が確認されたという。

この問題で、ネクスコ東日本は、トンネル工事と陥没との因果関係を認め、家屋の被害についても個別に判断して補償する方針だが、27日に記者会見した住民からは、「年末年始にまた事故があった場合はどうすればいいのか」などの不安の声が上がっている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

調布 道路陥没問題が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の調布 道路陥没問題に関しての画像や動画です。

調布 道路陥没問題の動画は以下から確認をお願いします。

周辺家屋など58軒被害 調布・道路陥没問題

スポンサーリンク

調布 道路陥没問題のネットの声は?

調布 道路陥没問題のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「ネクスコ東日本が工事の危険性を訴えているにもかかわらずに自分の所属する政党の工事業者の利権の為に工事を強行させた国土交通省の大臣は責任とってね。
まさか、国民の税金から保証するのじゃないよね。」という意見と
「見た目だけの判断は危険ですよ。
建物の四隅(基礎高さ)を計測してください。
そこが水平である事が一番大切です。
今ひび割れや、ドアーの歪みなど無くても、今後発生してきますので。

計測は測量業者にお願いしましょう。 
地域全戸数調べるべきです。」という意見と
「大深度法は悪い法律じゃないけど、
補償がすっぽり抜けている。
発想は良いが、調査と品質管理も含めた技術力の
向上をしていかないと、法律の存在すらヤバい。
全てを誤魔化さず真摯に対応して
法律も全てを想定内に納める改正を望む」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「あれだけ大きな陥没があったんで、その付近の家屋は傾いたり、ヒビが入ったりはあるでしょうね。
住み慣れた我が家にこんな被害が起きるとは思ってないでしょうから、お気の毒ですね。。」
「NEXCOが認めたことは大きな前進と思います。補償交渉については住民の皆さんは熱くならず、冷静に進めていくことがベターかもしれません。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

調布 道路陥没問題おわりに

今回は調布 道路陥没問題に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の調布 道路陥没問題は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回調布 道路陥没問題について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

調布 道路陥没問題の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

調布 道路陥没問題の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事