赤羽一嘉国交大臣 GoToトラベルが話題沸騰!赤羽大臣は?★画像・動画★ネットの声は?

赤羽一嘉国交大臣 GoToトラベルがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

赤羽一嘉国交大臣 GoToトラベルの概要は?赤羽大臣は?

赤羽一嘉国交大臣 GoToトラベルのニュースが次のように報道されています。

GoToトラベルの再開について、赤羽大臣は「1月の分科会の議論のなかで当然、一緒に議論させるべき」と述べ、感染拡大の状況も見極めながら、来月12日以降に事業を再開したいという考えを示しました。

 赤羽一嘉国交大臣はGoToトラベルについて、来月12日以降に再開したいという意向を明らかにしました。

 赤羽一嘉国交大臣:「来月11日までの措置ですから12日以後はまた元に戻すのが原則でありますが、今の感染状況が今後どうなっていくのかというのは当然、見極めなければいけない」
 赤羽国交大臣は新潟市で26日、GoToトラベルが28日から全国で一斉に運用停止されるのを前に観光関係者らと意見交換を行いました。GoToトラベルの再開について、赤羽大臣は「1月の分科会の議論のなかで当然、一緒に議論させるべき」と述べ、感染拡大の状況も見極めながら、来月12日以降に事業を再開したいという考えを示しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

赤羽一嘉国交大臣 GoToトラベルが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の赤羽一嘉国交大臣 GoToトラベルに関しての画像や動画です。

赤羽一嘉国交大臣 GoToトラベルの動画をどうぞ。

GoToトラベル 赤羽大臣「来月12日以降に再開を」

スポンサーリンク

赤羽一嘉国交大臣 GoToトラベルのネットの声は?

赤羽一嘉国交大臣 GoToトラベルのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「こういうコメントが街に人が溢れている現実につながっている。1/12から再開するか検討するのは良いと思うが、今はコロナ拡大につながるコメントを大臣自らするべきではない。」という意見と
「12日から再開が原則じゃないよね。
11日までは停止するとしただけで12日以降は未定でしょ?
GOTOはコロナが完全に終息に向かったあとで再開でいいと思う。今の状況では経済対策や生活支援は別の方法でするべき。

国交省としてはせっかく手にした利権を手放したくないのだろうけど今は諦めてくれ。」という意見と
「年末年始が終わった途端にGO TO再開って!?全然コロナの感染状況分かってなんじゃないの??
と云うか当初かったGO TOをの停止を決めたときの方針そのままで政策の柔軟性が全く無い。
ただでさえ感染者が増加している処に加え、既存のウィルスより感染力が強い変異型まで見つかっているのにそれを敢えて無視してまで再開させるのはやはり二階よ顔色を気にしまくっているということかな??」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「GoToは二階案件と言う事で、誰も止められないらしい。
支持率低下に怯えたガースーがパニックブレーキ、しかし揺り戻されたのだろう。
こんな言葉使いたくないが「気が狂っている」としか思えない。

正月前後のGoTo全国停止で、税金を使った浮かれた祭りも停止。
これにより、感染人数が多少下がるのは当然だろう。
それを見越して、下がったからお祭り再開と音頭を取る準備ってか。
下がったのは蔓延が収まったのではなく、GoToでの拡大が止まっただけ。
再開したら、我が意を得たとばかりに、浮かれた奴らがぞろぞろ湧き出す。
感染人数が再度急上昇する事は確実。
この大臣、その責任は取れるのでしょうね。

この人、公明党の議員じゃ無かったかな。
公明党は、感染再拡大の引き金を引いた責任取れるのかな。
この際、創価学会の意向を使ってでも、暴挙を止めてくれよ。
それが日本の為、先生ならそう思うのじゃ無いかな。」
「旅行関係者を前に厳しいこと言いたくないだろうけど、変に期待を持たせて期待に沿えないとその分の失望と怨嗟が大きくなるから、こういう発言はやめたほうがいいと思う。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

赤羽一嘉国交大臣 GoToトラベルおわりに

今回は赤羽一嘉国交大臣 GoToトラベルに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の赤羽一嘉国交大臣 GoToトラベルは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回赤羽一嘉国交大臣 GoToトラベルについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

赤羽一嘉国交大臣 GoToトラベルの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

赤羽一嘉国交大臣 GoToトラベルの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事