グリーン成長戦略 決定が話題沸騰!政府は?★画像・動画★ネットの声は?

グリーン成長戦略 決定がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

グリーン成長戦略 決定の概要は?政府は?

グリーン成長戦略 決定のニュースが次のように報道されています。

政府は、脱炭素を経済成長のてこにする方針で、民間企業が資金を投入しやすくするルール作りなど、環境整備を進める。

菅政権が掲げる2050年の脱炭素社会の実現に向けた「グリーン成長戦略」がとりまとめられた。

この中では、水素や自動車、住宅など、14の産業を重要分野に位置づけている。

温室効果ガスを実質ゼロにする2050年には、再生可能エネルギーの比率を50~60%に高める目安を示し、洋上風力発電などの導入を加速するとしている。

乗用車は、軽自動車を含む新車販売のすべてを2030年代半ばまでに、電気自動車やハイブリッド車などの電動車にする。

政府は、脱炭素を経済成長のてこにする方針で、民間企業が資金を投入しやすくするルール作りなど、環境整備を進める。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

グリーン成長戦略 決定が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のグリーン成長戦略 決定に関しての画像や動画です。

グリーン成長戦略 決定の動画は以下から確認をお願いします。

「グリーン成長戦略」決定 脱炭素へ電動車などに本腰

スポンサーリンク

グリーン成長戦略 決定のネットの声は?

グリーン成長戦略 決定のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「元々企業努力で世界一燃費のいい車をつくっているというのに次々と高いハードル置かれたら文句の一つでも言いたくなるわな。

脱酸素という名目の課題は各々で基準の綱引きなど乗るのらないを含めて国家戦略の話なので、まさか単純にエコだとか信じてやってないとは思うが冷静な対処をしてもらいたい。」という意見と
「わかっていない政治家が余計なことを言っちゃうもんだから、社会や経済が混乱する。
CO2排出についてうるさい欧州だが、送電網が発達していることもあり、たまたま原子力、火力、水力をバランスよく設置できていただけで、意図的にCO2排出削減するための発電施設を設置していたのではない。
彼らは意図的に経済主導権を自らが握りたいがために言っているだけであって、本気で環境のことを考えているわけではない。
CO2排出抑制は重要なことだが、もう少し考えて発言してもらわないと。
ただ、頭の悪い政治家を選んでしまう選挙民も頭が悪いわけだが…。」という意見と
「揮発油税及び地方揮発油税を廃止して電動車も含め全ての車が平等に負担する税を早急に法制化すべき。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「電動車の推進は本来枝葉の話、電力の政策を明確にして欲しいな。

日本の場合、大型の風力発電は台風で壊れやすいから、そこに頼り過ぎるのは危険だし。」
「しっかりとした工程表と支援を出さないとモノ凄く失業者が出ることになってしまうのでは?あとCO2を出さない頑張りも大事ですが緑化してCO2を減らすことも考えて下さい。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

グリーン成長戦略 決定おわりに

今回はグリーン成長戦略 決定に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のグリーン成長戦略 決定は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回グリーン成長戦略 決定について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

グリーン成長戦略 決定の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

グリーン成長戦略 決定の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事