発火 リチウムイオン電池が話題沸騰!現在は?★画像・動画★ネットの声は?

発火 リチウムイオン電池がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

発火 リチウムイオン電池の概要は?現在は?

発火 リチウムイオン電池のニュースが次のように報道されています。

現在は年間に2500トンのリサイクルの量を3年で7倍にする方針です。

 年末の大掃除シーズンを中心に捨てられたリチウムイオン電池が発火するトラブルが毎年相次いでいて、環境省がリサイクルを強化する方針を固めました。

 リチウムイオン電池を内蔵したモバイルバッテリーに強い力を加えると、激しく炎が噴き出しました。この電池は加熱式たばこやデジタルカメラなど、充電式の道具を中心に広く使われていて、ごみ処理場などで発火するトラブルが相次いでいます。環境省はリサイクルを強化するため、新たにリサイクル設備を作る企業に費用を補助する方針を固めました。現在は年間に2500トンのリサイクルの量を3年で7倍にする方針です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

発火 リチウムイオン電池が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の発火 リチウムイオン電池に関しての画像や動画です。

発火 リチウムイオン電池の動画をどうぞ。

発火相次ぐリチウムイオン電池 リサイクル強化へ

スポンサーリンク

発火 リチウムイオン電池のネットの声は?

発火 リチウムイオン電池のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「ドラレコ、無線機、ポータブルモニター、スマホ、センサーライトなどから自分で交換して取り外したり、使えなくなったコイン電池など、リチウムイオン電池が我が家でごろごろしています。
内部でガスが発生して膨らんだ『怖い』物もあります。市のごみ回収に出すのを躊躇しているためです。
行政や家電量販店などで安全に回収するシステムを構築してほしいですね。
リチウムは貴重な金属資源ですからね。」という意見と
「新技術を開発しても処分方法は先送りにし、作り続けたらこうなります。
気がつけば、捨場がなくハイテク汚屋敷です。
原発がその最たるものです。
やはり経済学者ガルブレイスが1975年に指摘したように
「経済成長の限界は資源の枯渇」ではなく「ゴミ捨て場の枯渇」で決まりますね。
私が暮らす団地は外部から持ち込まれた廃家電、犬小屋まで捨ててありますし、引っ越しの際に廃車にし放置されたバイク、自転車だらけです。
メディアが物欲を煽りる。ブームもその一つ。衝動買いがやめられない。消費税を上げれば、本当に必要か?考えるでしょう。」という意見と
「ボタン電池、コイン電池、リチウムイオン電池は捨てる場所が分かりにくいし回収している店舗が少なすぎる
リサイクル云々の前に回収場所増やすべきだわ」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「大型量販店とかキャリアがやってるみたいだけど、コンビニとかがやれば良いよね。」
「加熱式タバコもか。

やっぱりタバコは災難を引き起こすだけだな。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

発火 リチウムイオン電池おわりに

今回は発火 リチウムイオン電池に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の発火 リチウムイオン電池は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回発火 リチウムイオン電池について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

発火 リチウムイオン電池の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

発火 リチウムイオン電池の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事