アメリカ 大統領選挙が話題沸騰!バイデン氏は?★画像・動画★ネットの声は?

アメリカ 大統領選挙がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

アメリカ 大統領選挙の概要は?バイデン氏は?

アメリカ 大統領選挙のニュースが次のように報道されています。

バイデン氏は黒人が警察官に射殺される事件を防ぐために委員会で検討すると述べましたが、具体策は示しませんでした。

 アメリカの大統領選挙まで1週間を切りました。トランプ大統領は激戦州の西部アリゾナ州で演説し、民主党のバイデン候補のリードを伝える世論調査を批判しました。

 トランプ大統領:「昨夜、ウィスコンシン州で遊説をしたが、すごい支持者の数だった。今朝、でたらめの世論調査が出たが、実際は我々が1ポイントリードしていて最後は勝つ」
 トランプ大統領は、ウィスコンシン州でバイデン氏のリードが17ポイント差に広がったとする世論調査はでたらめだと反発しました。世論調査について「熱狂的な支持者の実態を正確に捉えていない」と以前から反論するなど強気の姿勢を崩していません。一方、バイデン氏は地元のデラウェア州で期日前投票をしました。その際、ペンシルベニア州で警察官が黒人男性を射殺したことをきっかけに略奪や破壊行為が行われていることを批判しました。
 民主党・バイデン候補:「略奪と暴力に対する言い訳は一切、通用しない。抗議自体は全く正当なことだ」
 バイデン氏は黒人が警察官に射殺される事件を防ぐために委員会で検討すると述べましたが、具体策は示しませんでした。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

アメリカ 大統領選挙が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のアメリカ 大統領選挙に関しての画像や動画です。

アメリカ 大統領選挙の動画をどうぞ。

トランプ氏「デタラメ」バイデン氏優勢の世論調査に

スポンサーリンク

アメリカ 大統領選挙のネットの声は?

アメリカ 大統領選挙のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「マスメディアが堂々と嘘をつく事は前回の大統領選挙で勉強させて頂きました。ならば何故、報道にここまでの信憑性が無くなってしまったのかを簡単に・・・

マスメディアは広告収入に依存している為、広告スポンサーに忖度する風習がそもそも腐敗の温床であり、それが真実の報道を妨げています。

また、マスメディアで真実の報道をすると、考査で問題扱いされ担当Pが降格や左遷処分されるなど、超ブラック企業との現実がある。

更に、セクハラは当たり前であり夜の接待に参加しなければ干される事は日常であり、このような腐った職場環境こそが原因である。

健全なる肉体にこそ健全なる魂が宿るとあるが、会社も同じであり健全でない職場環境には健全な人は当然育ちません。

マスメディアも腐敗を正す改革が必要であり、報道に携わる者には、いまいちどジャーナリズムに使命を持ち、ジヤーナリズムとはなんたるかを考えて戴きたく思います。」という意見と
「前回も世論調査はほとんど当たっていて、ごく一部の激戦州の得票率を正確に評価できなかっただけ。2ポイントか3ポイントの差なら測定誤差を考慮に入れれば互角と言える。今回も激戦州がたくさんあって両者は僅差だから、どちらが勝つかはまだ分からない。」という意見と
「メディアの世論調査と選挙集会の人数のどちらが実際の投票数を反映してるか?
という命題が証明される選挙としてわくわくしていますw
前回は、トランプ集会ほどの人数は集めなかったけど、ヒラリーも結構多くの人数を集めてた。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「民主党支持を掲げるメディアからの報道、および系列の世論調査結果があてにならないのは前回選挙で証明されています。

今回は真実の報道をしてくれるか、という期待は持つだけ無駄でした。

最後の最後まで虚実、願望や妄想が入り混じる報道です。

大統領選挙の結果はメディアの報道通りにはならない。
トランプ大統領再選でおわるでしょう。

これで信頼性がさらに落ち込みますね。
もう信頼されていないとは思いますが。」
「トランプさんとバイデンさん、公式Twitterのフォロワー数はトランプさんが約8735万人でバイデンさんが約1165万人。比率で言うと88:12なんだけど、この圧倒的な差は一体どう考えればいいんだろうか?」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

アメリカ 大統領選挙おわりに

今回はアメリカ 大統領選挙に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のアメリカ 大統領選挙は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回アメリカ 大統領選挙について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

アメリカ 大統領選挙の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

アメリカ 大統領選挙の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事