ズーラシア 動物園が話題沸騰!将来的には?★画像・動画★ネットの声は?

ズーラシア 動物園がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

ズーラシア 動物園の概要は?将来的には?

ズーラシア 動物園のニュースが次のように報道されています。

将来的には路線バスへの導入も検討していますが、その場合でも車椅子の補助などのために係員は同乗させることにしています。

 横浜市の動物園「ズーラシア」で運転席が無人のバスが日本で初めて客を乗せて営業運行しました。

 このバスはGPS(全地球測位システム)などを使った自動運転システムで走行し、緊急時には約3キロ離れた営業所から遠隔操作できるということです。運転席の脇には係員が乗車していて、緊急時にはブレーキなどの操作を行います。相鉄バスは群馬大学と共同で自動運転バスを開発していて、5日に日本で初めてとなる運転手なしの営業運行を試験的に行いました。将来的には路線バスへの導入も検討していますが、その場合でも車椅子の補助などのために係員は同乗させることにしています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

ズーラシア 動物園が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のズーラシア 動物園に関しての画像や動画です。

ズーラシア 動物園の動画をどうぞ。

横浜 日本初の営業運行“運転席無人”自動運転バス

スポンサーリンク

ズーラシア 動物園のネットの声は?

ズーラシア 動物園のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「はっきり言って市街地で無人運転は無理だと思う
信じられないようなひどい運転をする輩が多く、無理な割り込みなどでぶつかりそうになってもなんとか無事故で走ってるのは運転士の危険予知や微調整のおかげ。
特にお客さんが立ってる時なんてちょっとしたブレーキでも転倒してしまうお年寄りだってたくさん居ます。
絶対に一般車が入れないバス専用道でもない限り難しいです。」という意見と
「この先普及させていく際、手動運転車と自動運転車が混在している期間がとても危ないと思う。
「踏み間違い」のような運転をする人の運転を機械が予測して危険回避するのは困難だろうから。
「せーの、どん!」で一斉に自動運転に切り替えるのが一番だが…
難しいだろうな。」という意見と
「元相鉄バス運転手だけど、運輸業に無人運転などあり得ない。

バスの車両自体が輸送業務の過酷さに故障するのに、機械に自動で運転をさせる事は誤作動を起こし恐ろしい事態になる。

トラックなどの補助ブレーキ機能やカメラやセンサー認識による誤作動を経験した運転手
から言わせれば、運輸業の経験や知識を持たない人間のプログラムされた内容が、突然変わる道や環境状況に機械では対応が出来無い。

運転手の負担を軽減する事と緊急時のサポートを目的にした内容で無ければ意味は無い。

大雨やゲリラ豪雨、道の浸水や冬場の凍結、積雪等による突然の環境変化に対応する能力を機械は持たない。

電子回路等のショートや各回路の劣化など、
機械の弱点がある。

相鉄バスは無人運転など研究する名目で、人件費を削減したい目的だけで、乗せるお客様の安全など全く考えて居ない。

公道に大型の走る凶器を作ってるだけ。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「実証実験ということもあって運転士さん一応居るけれど「運転席無人」にこだわった結果ずいぶんと無理な体勢で立ってらっしゃる。

何かがあったら操作しなければならないので今回の場合は仕方なくても、このスタイルで実用化だったら運転士不足や負担の解決にはりそうもない。

実用化はこういう市街地や住宅街を走る路線ではなく、専用レーンの走行が主なBRTなんかでやったり、人間のエラー(ミスや気を失ったりした時)を検知した時にバスが自動運転に切り替わって事故を防ぐような仕組みにする方が現実的なんじゃ無いかと思う。」
「個人的には、無人バスを小型化して
本数を多くして欲しい。
そしたらだいぶ助かる。

タクシーも、トラックも、電車も、船も
その内無人化するだろう。
物流費は下がるようにも思うが
雇用が心配だね。

10年、20年経てば世の中も
だいぶ様変わりしているだろう。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

ズーラシア 動物園おわりに

今回はズーラシア 動物園に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のズーラシア 動物園は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回ズーラシア 動物園について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ズーラシア 動物園の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

ズーラシア 動物園の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事