日本学術会議 推薦が話題沸騰!「共謀罪」法案などに反対する立場?★画像・動画★ネットの声は?

日本学術会議 推薦がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

日本学術会議 推薦の概要は?「共謀罪」法案などに反対する立場?

日本学術会議 推薦のニュースが次のように報道されています。

6人が安全保障関連法や、いわゆる「共謀罪」法案などに反対する立場だったことについても、「一切関係ない」と明言しました。

 「前例踏襲で良いのか」。菅総理大臣は報道各社によるインタビューで、日本学術会議が推薦した6人の会員候補を任命しなかった理由を説明しました。

 菅総理大臣:「推薦された方々をそのまま任命をする。この責任というのは内閣総理大臣にあるわけでありますから、そこについて前例を踏襲して良いのか考えてきました」
 菅総理は、学術会議について「政府の機関であり、年間約10億円の予算を使って活動している。任命される会員は公務員の立場になる」と指摘しました。一方で、憲法の保障する学問の自由への侵害とは「全く関係がない」と強調しました。また、6人が安全保障関連法や、いわゆる「共謀罪」法案などに反対する立場だったことについても、「一切関係ない」と明言しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

日本学術会議 推薦が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の日本学術会議 推薦に関しての画像や動画です。

日本学術会議 推薦の動画をどうぞ。

菅総理「前例踏襲で良いのか」学術会議任命見送り

スポンサーリンク

日本学術会議 推薦のネットの声は?

日本学術会議 推薦のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「菅総理も説明してたけど、過去の答弁を引っ張り出してきて「解釈を変えた!」「前例を覆した!」とか言ってるけど、先に学術会議の方も、各学会による推薦制から、個々の会員の指名による方式に変えてるんだよね…。

軍事研究云々といった話にだけに限らず、学者個人の指名で、後継者がなぁなぁで選ばれてしまったり、そういう理屈で目上の学者の学説なんかに対して否定的なことを言いにくくなってしまったら、それこそ若手の研究者にとっては「学問の自由の侵害」なんじゃないのかな?」という意見と
「拒否した理由を説明しろ!っていうのはわかるんよ。
でも拒否した事実だけで憲法の認める権利を侵害するって主張は意味わからんわ。
会社でも学校でも、「名前書けば通るから」って言われてたのに落とされたとするわな。
そしたらまず落とした理由の説明を求めんか?
なんでそれが権利侵害の主張に飛ぶのよ。意味わからんにも程がある。
まず、拒否された人間がいかに相応しい人間か主張し、拒否した理由が明らかになってから権利侵害の主張じゃないのか?
どんな人間が推薦されたか知らんし、なんで拒否されたかも知らんけど、ヒステリックな反応してる連中の味方はしたくない。

ハッキリしてるのは、内閣が特定の人間に学ぶことを禁じてる事実はないこと。
別の場所、別の方法で学ぶ道はいくらでもあること。
思い通りにならないことは権利の侵害ではない。」という意見と
「色々とネットで拡散されている問題。事実だけ見ると210名の会員は、特別職の国家公務員で、総理大臣の任命から、次の任命までの、3年間。2005年からは、現会員が、次の会員を選び、総理大臣が任命する。
日本学術会議の予算が約10億5千万円、その内事務局人件費・事務費5億5千万円
約250万円の終身年金がもらえるは、日本学士院のことで。日本学術会議とは違う。
数年前、中共科学技術協会と覚書を交わす。自民党甘利明氏「日本学術会議は軍事研究に、繋がるものは一切させないとしながら、中国と一緒に研究するのは、学問の自由だと主張している。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「改革の一環で人数削ってスリム化するのはいいし、政府に助言するための公務員の任命なんだから「政府に役に立たなそうな人は落としました」で良い。国家公務員試験だって落ちた理由なんて知らされないわけだし。

ただちょと、今回の菅総理の説明が下手かな。
官房長官時代のいつものしつこい記者たちとのやりとりなら「そうではありません」「まったく違います。以上」的なあしらいで十分だけど、こういう国民が注目してる問題に首相として答えるときは、もう少し明確に答えたほうがいい」
「学者と政治家で意見が相違した場合、政治家の意見が優先されるのは民主主義の基本です。
コロナ対策でも少し感じましたが、学者、有識者の意見を絶対的なものとする考え方は少し危険な思想と思われます。
あくまでも最大限尊重し参考にする、程度で。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

日本学術会議 推薦おわりに

今回は日本学術会議 推薦に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の日本学術会議 推薦は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回日本学術会議 推薦について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

日本学術会議 推薦の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

日本学術会議 推薦の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事