神戸市 コロナウイルス 中央市民病院が話題沸騰!病院は?★画像・動画★ネットの声は?

神戸市 コロナウイルス 中央市民病院がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

神戸市 コロナウイルス 中央市民病院の概要は?病院は?

神戸市 コロナウイルス 中央市民病院のニュースが次のように報道されています。

今回の結果について、病院は今の感染者の数はほんの一握りである一方、一定の割合でウイルスに抵抗性を持つ人がいるとの考えを示しました。病院は、結果の解釈には慎重になるべきだとしています。

 神戸市の病院で一般の患者1000人の血液を検査した結果、約3%の人がこれまでに新型コロナウイルスに感染していたとみられることが分かりました。

 神戸市の中央市民病院は4月7日までの8日間に外来を受診した患者1000人の血液を調べた結果、33人がこれまでに新型コロナウイルスに感染したことを示す抗体を持っていたと発表しました。神戸市全体に当てはめると約5万人が感染していた計算になるということです。今回の結果について、病院は今の感染者の数はほんの一握りである一方、一定の割合でウイルスに抵抗性を持つ人がいるとの考えを示しました。病院は、結果の解釈には慎重になるべきだとしています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200503-00000003-ann-soci

スポンサーリンク

神戸市 コロナウイルス 中央市民病院が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の神戸市 コロナウイルス 中央市民病院に関しての画像や動画です。

神戸市 コロナウイルス 中央市民病院の動画をどうぞ。

神戸の病院の外来患者 「3%」がコロナ抗体を保持

スポンサーリンク

神戸市 コロナウイルス 中央市民病院のネットの声は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「とりあえずほぼ収束したと見られる中国や韓国、そして壮大な社会実験を行なっているスウェーデンの抗体保有率が知りたいですね。
そのあたりで極めて高い抗体保有率が認められるのなら、高齢者や基礎疾患のある人を除いて、外出自粛をやめるべきかもしれません。」という意見と
「4月7日までの8日間に、新型コロナウイルス以外の理由で病院を訪れた病人の内で約3%が抗体を持っていたということは、症状がないまま完治した人がそれだけいるということだ。
このことから、無症状感染者の方が、有症感染者より圧倒的に多いことがわかる。
この事実からわかることは、新型コロナウイルスは、ちょっときつめの「日和見感染」を起こすウイルスではないかということだ。
免疫力の高い健康な人であれば、無症状で完治する可能性が高いということだ。
問題は、そういう人が免疫力の弱い人にうつして、死に至らしめることだ。
そういう観点から考えると、マスク着用の義務化や、3密を避けることは、とても理にかなっている。」という意見と
「今年1月頃からインフルエンザの検査をしても陰性になる高熱の人が多くて変な風邪が流行っているなという話にはなっていました。もしかしたらその頃からすでに新型コロナが蔓延していたのかも」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「神戸市だけで5万人と推定されると、そのうち新型コロナウイルス感染症でなくなったのは5人(2020年5月2日17時00分現在)である、致死率0.01%になる。

知らない間で感染して、知らない間に治癒されたかた、もしくは37.5℃以上の熱はないけど、なんだか風邪っぽいなというひとは相当多いのではないのでしょうか?」という意見と
「コロナの市中感染率に関するデータ情報公表が続いています。

関西圏初。約1000人の母集団から33人。約3%。

私がこれまで目にした公開情報は 以下の通りです。
①慶応病院のPCR検査 67人中4名 陽性 感染率 約6.0%
②千駄ヶ谷インターナショナルクリニックの抗体検査
   111人中9名 陽性 感染率 約8.1%
③ナビタスクリニックの抗体検査
   202人中12名 陽性 感染率 約 5.9%

政府の動きについては以下報道されています。(以下記事引用)
政府は、新型コロナウイルスの感染実態の把握につなげるための抗体検査を始めた。日本赤十字社(日赤)東京都内と東北地方で500検体ずつ今後も複数回採取する。これを受け、政府は5月1日にも初回の結果を公表

となってますが、公表されたかな?

東京と東北の比較情報、日本全体の状況を知る第一歩だと思います。
早く公開して下さい!」という意見と
「これは、
早々に国民全体の抗体検査を実施して、
抗体のあるものだけでも外出自由にすべきでは?!
ただ、
抗体のない人は自粛するか行動するかは自己で判断するしかなくなってしまうが。。。。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「神戸市の人口3%が5万人現在の5人死亡なので:
致死率 :0.01%
日本人全員の0.01% :1万2千596人

新型コロナの感染率はインフル並みとのこと。毎年大体推定て日本人の1割(1千万人強)かかるので、仮に新型コロナもそうだとすると

年間死者数 :千2百60人/年

インフルの去年の死亡者は3千人。インフルが間接的に関わった死亡も含めると1万人。肺炎死亡者は毎年10万人。
こう見ると意外と少ない。ちなみに東京都の病院の抗体検査の結果(6%)が出た時もその時(4/30)の東京都の死者数(120人)で計算したが致死率は約0.0143%。
以上はあくまでこの統計を単純に推し進めた推計だが抗体検査結果が集まると対処方の考え方も変わってくるのではと思う。」という意見と
「このご時世にそれでも受診せざるを得ない患者さんの採血でこの数値ということになるのかな。
受診しない人にもサンプルを募って各地でどんどんデータを集積して、対策に役立てていってほしい。」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

スポンサーリンク

神戸市 コロナウイルス 中央市民病院のネットの声は?その他

年代も知りたいな。
中高年でも無症状の人がいるのだろうな。
若い人達に無症状が多い、とどこか決めてかかってるフシがあるから、もっと注意喚起するいみでも知りたい。

多くの人がアビガンなんか使わずに治ってるということ
アビガン使った方が良いというのを試験で示すのはなかなか難しい

多くの人がアビガンなんか使わずに治ってるということ
アビガン使った方が良いというのを試験で示すのはなかなか難しい

抗体があったというだけで、現在も感染している隠れ陽性者ではない。
ここがポイント。
現在も陽性だったら、病院は手を打たないと院内感染に繋がる訳だからね。
つまり、抗体を持った陰性者が多いという事ではないのかな。

新型コロナは治療薬がなく病院に行っても隔離だけで
症状が重いと対症療法を行うだけ。熱冷ましとか栄養補給の点滴
つまり、
抗体を持っている人は自宅で自然治癒した人という事になる。

抗体が多い=隠れ陽性者が多い と不安を煽るメディアには困ったものだ。
自然治癒した人が多い証拠とた方が良いのではないのでしょうか。
昨年から、中国からの旅行者は多い。潜伏期間は2週間程度と言われている。
中国由来の感染者は多かった筈なのに、感染者が殆どいない。
これは、感染したが自然治癒した証ではないのでしょうか。

日本の感染者を300万人と仮定すると日本の致死率は0.02%以下
季節性インフルエンザをも下回ります
個人個人としてはそこまで恐怖する感染症でもない
ただ問題は、患者多数による医療崩壊
やはり対策は
「医療崩壊を防ぎながらゆっくり蔓延」

また、報告陽性者の数百倍の感染者がいるとなると、イタリア、スペインあたりはすでに集団免疫が成立している可能性がありますね
続いて英国、フランス、米国あたりも続くのかな

東アジアはかなり遅れていますね
日本は半周遅れ
韓国は一周遅れ
台湾はスタートもしていない
中国はよくわからない

勝手な妄想です

まあっ、最初から大半が軽症と言われていたからね。
自然治癒したと言う事かな。
重症化するのはどうしてなのかがわからないんじゃ?
再感染とかも関係するのかな?

3%、ショックな数字だ。
もっと多いと思っていた。
これじゃあ、集団免疫を得るまでに何年かかるかわからない。
「健康な50歳以下は積極的に罹患すべき。」と暴論を吐いていた医者だか学者がいたが、あながち暴論でもないかも。

抗体イコール無敵と決まった訳でも無いので、抗体がある医療従事者を最前線に送り出す、そんな雰囲気に成って欲しくないです。

無症状で経過したのでしょうから、このような人がウロウロしていることが、感染経路不明の一因だと思います。

いよいよ、「致死率がインフルエンザとそんなに変わらないんじゃない?」という事になるのかな?
もしそうなったのならば、過去に例を見ない大失政であり重大な責任問題になるんじゃない?

スポンサーリンク

神戸市 コロナウイルス 中央市民病院おわりに

今回は神戸市 コロナウイルス 中央市民病院に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の神戸市 コロナウイルス 中央市民病院は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「これは大変だ。本当は緊急事態ではないことがバレてしまうぞ。抗体は聞かない言わない質問させない。」
「良いような悪いような事実ですね。この抗体の持続期間が知りたいです。」

あくまでも個人的意見ですが。

今回神戸市 コロナウイルス 中央市民病院について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事