新型コロナウイルス 治療薬 イベルメクチンが話題沸騰!イベルメクチンは?★画像・動画★ネットの声は?

新型コロナウイルス 治療薬 イベルメクチンがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 治療薬 イベルメクチンの概要は?イベルメクチンは?

新型コロナウイルス 治療薬 イベルメクチンのニュースが次のように報道されています。

イベルメクチンは世界で5億人以上の投与実績があり、安全性が高いということです。

 新型コロナウイルスの治療薬の候補として、ノーベル賞を受賞した北里大学の大村智特別栄誉教授が中心となって開発した「抗寄生虫薬」が期待されています。

 「イベルメクチン」は体内の寄生虫による感染症の治療薬で、主にアフリカで効果を上げています。アメリカやオーストラリアの研究チームが新型コロナウイルスにも効果があると報告していて、日本の北里大学でも3月から研究が始まっています。大村智記念研究所の花木秀明センター長はイベルメクチンがウイルスの増殖を抑える効果があるとみていて、今後、患者に投与するなどして1年以内には承認を得たいと話しています。イベルメクチンは世界で5億人以上の投与実績があり、安全性が高いということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200502-00000007-ann-soci

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 治療薬 イベルメクチンが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の新型コロナウイルス 治療薬 イベルメクチンに関しての画像や動画です。

新型コロナウイルス 治療薬 イベルメクチンの動画をどうぞ。

ノーベル賞大村氏ら開発“抗寄生虫薬”が治療薬に?

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 治療薬 イベルメクチンのネットの声は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「イベルメクチンはユタ大学の研究でものすごい実績を上げたことがわかっている。世界で5億人以上に投与実績があり、人体への影響もない。また世界を救える。もう一度ノーベル賞受賞しても足りない功績である。」という意見と
「本当に効く薬を早く見つけて欲しい。レムデシベルが効くとか効かないとか、この大変な時に利権争いを匂わせるような事とか悲しすぎる。この薬なら実積が多いので副作用の心配がすくないので安心ですね。」という意見と
「やっぱ、メディアよりもネットの方が情報が早いね。
これは結構前から言われてた。
ワクチンが完成しても、全国民に打つまでに時間がかかるし、薬が欲しいね。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「そうなんです。日本にはアビガン、イベルメクチン、オルベスコなど素晴らしいお薬があるのです。が、なぜかレムデシビルが先に来る不思議?」という意見と
「1年以内には承認を得たいと話しています。イベルメクチンは世界で5億人以上の投与実績があり、安全性が高いということです。

そんな実績がある薬でも1年以内には承認…アビガンにしても何にしても日本は何もかもが遅い。」という意見と
「やっとイベルメクチンを取り上げてくれた!レムデシビルがどうだとかアビガンは認証しないだとか利権争いの匂いがプンプンしてぜんぜん前に進んでない!早くイベルメクチンも患者に投与して実績を積んでほしい。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「イベルメクチンは副作用が殆ど無いし、一度、投与すると10日間持つとかmedcramでやってた様な。アビガンよりも中期以降にも効く可能性があるらしいので、患者を自宅待機で放置して死なす位なら、投与して行って欲しい。」という意見と
「日本政府はの感染者が希望すればイベルメクチン治療が出来る制度を早急に認可して欲しい
それによる治験の期間も短縮出来るはずです。」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 治療薬 イベルメクチンのネットの声は?その他

アビガンしかりレムデジビルしかり治験だ承認が必要だ、はたまた利権が絡んでいるとか色々ハードルはあるのだろうが今は緊急事態です。ごちゃごちゃ言わずに処方できる体制を大至急作るべき

アビガンやイベルメクチンが臨床に手間取り、投与できないジレンマに日本は陥っている。
これって侵入して命を奪う外敵に憲法九条が足枷になって自衛権が発動できない自衛隊のようなもの。
アビガンの承認は、はやくても7月…
その間隙をぬって米国のギリアド社のレムデシビルが投与できる日が近づいてきた。外敵に対する初動は米国頼りってか

イベルネクチンは数か月前から効果があると言われながら、これから治験を始めて1年後に認可を、と言っているのは遅すぎると思う。日本では認可されているのですか。それなら国は早く臨床許可を出すべきでしょう。米国のように素早くことを運ばないと犠牲者は増えるばかりです。

この際、もうすでに実用化されてるのだから、認証過程は不要ではないか?少しでも可能性があれば、すぐにでも投与可能にしてくれ!明日の命もわからない人がいるのだから!

素晴らしいですが、一年後って、正直遅すぎませんか?いま、検査をして貰えない。治療をしてもらえないんです。明日どうなるかわからないんです。

種類にもよるが、癌にも効果があるって言われてるし、もし岡江さんが服用してたらって考えると、なんか複雑な思いです。
オーストラリアにある大学の研究チームが、試験管の実験ではあるが、24時間経過でウイルスが半減!48時間経過で99.8%死滅したって報道もあった事実から、もし患者さんに服用してもらったら、すごい効果が期待できそう!

承認に一年は長くないか?

新薬ではなく既存薬で実績もあるなら、省ける手順もありだろう。

法律もそうだが、手順などは定められた根拠がわかるようにしておいて、短縮や改正をしやすくしてくれないと、必要のない時間や制限ばかり。

裁判の判例とかは、裁判官が結構根拠を書いてくれてるけど、
日本の官僚は、責任を取りたくない前例主義で、思考を停止しているのが、コロナの事でもろに出ている。

アビガン、レムデシビルに比べて、圧倒的に副作用の心配が少ないという面で期待大。
8割以上は放っておいても治るのだから、副作用が大きいと使いづらい。

アビガンは初期に使える。
大量投与が必要。年齢的に副作用の懸念があるが、それ以外の人は使える。
イベルメクチンは中期以降も使える。
投与量も多くない。副作用もほとんどない。
レムデシベルは後期、重症者へ点滴投与。
副作用はあり。
だんだんとわかってきたのは嬉しいが、なるべく、はやめはやめにお願いします、厚生省…

アビガン、オルベスコ、アクテムラ、そしてイメルベクチン。周りをみると日本が作った薬ばかり。そんな中どうみてもアメリカ様からの圧力としか思えないレムデシビルがいち早く承認の運び。醜い争いにならないことを祈りたいと思います。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 治療薬 イベルメクチンおわりに

今回は新型コロナウイルス 治療薬 イベルメクチンに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の新型コロナウイルス 治療薬 イベルメクチンは話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「1ヶ月前から言われてた事です。
安全性もすでにわかっているのだから
すぐにでもコロナ疑いの人に処方できると思いますが。
緊急事態なので人道的見地から。副作用もアビガンよりない。
疥癬やシラミがついた人がいる高齢者施設で使用したら良いです。
オルベスコやフサンもカクテルで薬を使う
併用しないと再発しますよ。
タイでは2ヶ月前からやってます。
とっくに終息してるところもある。
ベトナムは死者ゼロです。
藪医師だと検査さえできないようです。
知識と経験でどうすれば
患者さんの検査が受けられるか、治療も見切りスタートできる薬を使うか?
命を救う方法はいくらでもあります。」
「レムデシピルは腎機能や肝機能障害等の副作用が強い。
アビガンは、催奇形性以外の重篤な副作用はあまり聞かない。
しかし、なんと言っても治験以外で投薬されたのは今回のコロナが初めてなので、将来的に身体に影響がないのかについては一抹の不安がある。
その点、イベルメクチンは歴史が長く、安全性に問題がないと考えられる。
有効性が確認されたら、一番人気になるかも。」

あくまでも個人的意見ですが。

今回新型コロナウイルス 治療薬 イベルメクチンについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事