コロナ 原因 アメリカが話題沸騰!国家情報長官室は?★画像・動画★ネットの声は?

コロナ 原因 アメリカがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

コロナ 原因 アメリカの概要は?国家情報長官室は?

コロナ 原因 アメリカのニュースが次のように報道されています。

アメリカの情報機関を統括する国家情報長官室は「人工的に作られたものではない」としています。

 感染者が世界最多のアメリカでは長引く外出制限などに対して反発が強まっています。こうしたなか、収束ムードの中国では大型連休が始まり、多くの観光客が殺到しています。

 30日、アメリカ・ミシガン州で起きたデモ。外出制限などに反対する住民らは審議が行われている州議会への突入を試みました。コロナが巻き起こすトラブル。モスクワでは27日に車が暴走。外出禁止令が出されるなか、通行証の提示を拒否して逃走したといいます。
 ニューヨークでも乗り物のトラブルが。地下鉄の座席に居座るホームレスの問題です。30日、クオモ知事は対策を発表。24時間運行をやめるといいます。地下鉄関係者はホームレス問題についてこう話していました。
 地下鉄関係者:「この様子を知事に見せないと…」
 これが反映された形ですが、ホームレスたちはどこへ行けばいいのか。
 ニューヨークではこの男性も居場所を失いました。ブロードウェーのスター俳優でトニー賞の受賞者、ブライアン・ストークス・ミッチェルさん。
 ミュージカル俳優、ブライアン・ストークス・ミッチェルさん:「コロナにかかって2週間苦しみました」
 治った後も外出制限が。そんななか見つけた新たな舞台は窓でした。本来の舞台でミッチェルさんは投獄されながらも新たな舞台を模索する役を演じました。家で頑張る人々とどこか似ている気もします。
 そもそもコロナは何が原因なのか。トランプ大統領は30日、武漢の研究所が発生源だとする根拠に自信はあるとの認識を示しました。ただ、根拠ははっきりしません。一方で、アメリカの情報機関を統括する国家情報長官室は「人工的に作られたものではない」としています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2020

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200501-00000068-ann-int

スポンサーリンク

コロナ 原因 アメリカが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のコロナ 原因 アメリカに関しての画像や動画です。

コロナ 原因 アメリカの動画をどうぞ。

“外出制限”のストレスで…世界でトラブル続々

スポンサーリンク

コロナ 原因 アメリカのネットの声は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「今朝のニュース、ニューヨークでは今も1日に300人以上が亡くなっていて、火葬や埋葬が追いつかない状態になっています。一方、感染源の国、中国では大型連休が始まり、多くの観光客が殺到。
先の「G7TV会談」では習近平に対して「欧州遠ざける中国のコロナ外交」
この会談の雰囲気は「かなり険悪」で「中国はここ数カ月で欧州を失うだろうと」フランス・イギリス・ドイツの首脳は言い切った。
もちろん、世界のリーダー、トランプ大統領の中国政府対する逆襲はそろそろ開始されそうです。」という意見と
「>外出制限などに対して反発が強まっています

アメリカのデモが外出制限への反発だけでなく、「コロナはフェイクだ!」と訴えている事を日本のメディアは伝えようとしませんね。
アメリカでは、本当の死因が何であれ、とにかくコロナが原因で死んだことにすれば病院が儲かる制度になっているため、コロナの死者数が大幅に水増しされている疑惑が浮上しています。
なぜそうまでして死者数を多く見せかけたいのか?
誰が何のために?
それらの疑惑を、なぜ日本のメディアは伝えないのか?
コロナ騒動には不自然な点が多すぎる・・・」という意見と
「出産育児した人なら100%わかると思うけど、たった2ヶ月家から出られないくらいでストレス!とか言われると、どんだけメンタル弱いねん。て思う。産後3時間おきに泣く赤子と1ヶ月一緒にこもるよりよっぽどマシやわ。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「日本がこのようにならないように、政府は考えてほしい」という意見と
「伝染病があるから出ないでねって言ってんのに「自由を!」は違うんじゃないかと」という意見と
「ニューヨークの地下鉄が24時間運行だったことに驚き。初めて知った。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「ある意味「自由な国」」という意見と
「ブライアン!素晴らしい歌声!早く舞台に立てますように!」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

スポンサーリンク

コロナ 原因 アメリカおわりに

今回はコロナ 原因 アメリカに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のコロナ 原因 アメリカは話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「何その身勝手な自由・・・
感染するのは勝手だけど感染させた際の責任取れるの?
自粛ができないなら強制するしかないだろ・・・
この世からの脱出がいいならどうぞ、大好きな「自由」ですよ?」
「感染者数もお国柄が反映されてるというか……」

あくまでも個人的意見ですが。

今回コロナ 原因 アメリカについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事