緊急事態宣言 厚生労働省が話題沸騰!不安の声?★画像・動画★ネットの声は?

緊急事態宣言 厚生労働省がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

緊急事態宣言 厚生労働省の概要は?不安の声?

緊急事態宣言 厚生労働省のニュースが次のように報道されています。

週1回の相談会には約30人が参加し、「集団検診が延期になり、子どもの成長に問題がないか」など不安の声が集まっています。

 新型コロナウイルス感染の収束が見えないなか、妊娠中の女性や出産したばかりの母親の不安の声などを受け止める動きが広がっています。

 厚生労働省は医療機関などが休みになる時期に合わせ、出産を控えた女性などからの相談を受け付けていて「感染しないか不安」「子どもの成長が心配」など2日間で305件の相談が寄せられました。こうした不安に応える動きは民間でも広がっています。産婦人科の対馬ルリ子医師(62)は緊急事態宣言以降、NPO団体と協力してオンラインでの相談を始めました。
 対馬ルリ子医師:「つながって話をしているだけで、すごく楽になられているみたいです。何もやらなかったよりも全然、良かったと思います」
 週1回の相談会には約30人が参加し、「集団検診が延期になり、子どもの成長に問題がないか」など不安の声が集まっています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200501-00000028-ann-soci

スポンサーリンク

緊急事態宣言 厚生労働省が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の緊急事態宣言 厚生労働省に関しての画像や動画です。

緊急事態宣言 厚生労働省の動画をどうぞ。

「出産」「子育て」不安の声に 受け止める動き

スポンサーリンク

緊急事態宣言 厚生労働省のネットの声は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「京都では妊婦の希望者にPCR検査の全額公費負担での実施を検討中だそうだ。

健診での付き添いも禁止、母親教室も閉鎖、助産師指導もオンライン、診察内容もエコーと問診だけ、立ち合い分娩も禁止、産後の面会も禁止、定期的に流れる妊婦・胎児・新生児の死亡ニュース。。。

もし感染したら退院まで我が子に触れることすら叶わない。

初産で臨月の私にとって、経験者から言われる「この時期に出産って大変だね…」の言葉に不安どころか恐怖を感じる。

PCR検査でも抗体検査でもなんでもいいから、ほんの少しでいいから安心できる材料が欲しい。」という意見と
「自分の子供が危険にさらされると声を上げて大反対。でも、医療従事者やインフラ関係者の子供は保育園自粛対象外にされ危険にさらされても仕方ないよね。そういう風潮なんなんですか。おかしいですよね。子供はどんな職種の親であろうと対等に扱われるべきです。そして、現場で頑張る個人には何も還元されない。現に危険手当もなし、ホテルもなし、マスクも、防護服もなし。家族を守りたい医療従事者も多くいます。現状では離職者が後を絶たないです。国の政策、しっかり行って下さい。」という意見と
「当然の配意です。よろしく。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「少子化の日本、今こそ、出産、妊婦に手助けを!」という意見と
「今…育児、介護、出産を控えてるママさん!大変だけど…ムリをせずに出来る範囲内で頑張れ〜!!ツライ時には、誰かに相談したり甘えたり…休息も十分とって!!」という意見と
「親が無くても子は育つ言うしどーんといこうや
岩間見てみろ、電気水道止められてもピンピンしてるぞ」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「そんなこと皆さん一緒だと思います。だからこそ、そんなこと皆さん一緒だと思います。」という意見と
「出生率減るだろうな…」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

スポンサーリンク

緊急事態宣言 厚生労働省おわりに

今回は緊急事態宣言 厚生労働省に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の緊急事態宣言 厚生労働省は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「もともと母親の子殺し率がハンパねー国だからな。」
「出生率がグッと下がりそうだよね。」

あくまでも個人的意見ですが。

今回緊急事態宣言 厚生労働省について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事