9月入学 実現 可能性が話題沸騰!子どもたちの利益?★画像・動画★ネットの声は?

9月入学 実現 可能性がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

9月入学 実現 可能性の概要は?子どもたちの利益?

9月入学 実現 可能性のニュースが次のように報道されています。

果たして、どうするのが子どもたちの利益になるのか。9月といえば4カ月後です。文部科学省幹部:「今の最大の問題は『子どもの学力保障』なのに、9月入学制度の準備で現場の学校の手が回らないことになったら本末転倒です」

 学習の遅れなどを解消できる一方、慎重な検討を求める声も上がっています。臨時休校が続くなか、急浮上した9月入学案。実現する可能性はあるのでしょうか。

 ここにきて、にわかに浮上したこの議論。確かに欧米諸国や中国なども入学や始業は9月。世界的にはそちらが主流のようです。賛成派の知事は良し悪しは二の次だといいます。
 神奈川県・黒岩知事:「良いか悪いかという議論をしている状況ではなくて、まず変えてみようというところから議論を始める」
 一方、役所や企業の会計年度とのずれはどうするのでしょう。いずれにしても問題の本質は子どもたちの教育を受ける権利をいかに確保するかということです。
 ことは9月か4月かという問題だけではないと指摘するのは教育評論家の尾木直樹さんです。現在、オンライン授業ができている学校は限られていて、このままでは子どもたちの教育機会の格差は広がるばかりだといいます。
 教育評論家・尾木直樹さん:「このまま授業を例えば6月1日に再開しても学校の授業が成り立ちません。そんなことでいいのかなと。そうしたら9月新学期体制に切り替えて、そのぐらいのことをやってでも、子どもの今の不幸からどういうふうに守るのか、障壁を取り払えば展望は開けるというのが持論です。第一義的には今の子どもを救うということですね」
 果たして、どうするのが子どもたちの利益になるのか。9月といえば4カ月後です。
 文部科学省幹部:「今の最大の問題は『子どもの学力保障』なのに、9月入学制度の準備で現場の学校の手が回らないことになったら本末転倒です」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200430-00000070-ann-pol

スポンサーリンク

9月入学 実現 可能性が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の9月入学 実現 可能性に関しての画像や動画です。

9月入学 実現 可能性の動画をどうぞ。

長引く休校に…9月入学案の実現は?賛否の声が続々

スポンサーリンク

9月入学 実現 可能性のネットの声は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「このままだと、授業が無い期間が長く続き
学力不足になっている。
緊急事態宣言1ヶ月延長で授業時間が約20%減ってしまうし、さらに1ヶ月延長も考えられる。
9月入学として、時間を確保するべき。
あるいは、1年遅らせるか。」という意見と
「高3の子がいます。モヤモヤしたまま1ヶ月ずつ削られていくのは辛すぎる。突然の休校で高2の最後の過程も途中で終わったまま。課題は出ていてもそれで大丈夫な訳がない。オンライン授業はしていないところの方が多いでしょう。入試変更で散々振り回されてきました。受験は人生に直結する問題です。この年の子が等しく試験に望めるようにする事が大事だと思う。このままズルズルと先延ばしにされては全国の教師も子供達もあまりにかわいそうです。国が荒れている今こそ この人達に任せてよかったという政策を打ち出してください。」という意見と
「もうオリンピックは中止と考えているのかな。9月入学ならば、試験が7月か8月だろう。学生のボランティアの期待はできなくなるし、受験を前に呑気にテレビの前にはいられないだろう。オリンピックはやはり中止だね。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「オンライン授業は、
普段からオンラインで学校とやりとりをしている人以外は、
いきなり導入しても難しいと思います。

オンラインが難しいとなれば、できるだけ年度の期間を長くして、
中で休校を挟んでも十分な学習時間を確保したい。
半年延長して8月卒業か、1年留年かの選択しかないと思います。

それか3月に進級テストして不合格ならみんな留年させるとか。
でもそんなおそろしいこと、誰もできないでしょう?
だから9月入学が妥当だと思います。」という意見と
「急に注目された知事達が浮足だって、パフォーマンスに走っているようにしかみえない。知事達大丈夫でしょうか?
保護者も生徒の意見を無視した9月入学の議論なんて論外、今日明日の生活や教育、経済を回すために、すべきことを頼むからしてください。」という意見と
「推進派の知事は医療崩壊や生活者支援に目処がついたのですか?プラィオリティ高の仕事があるのに、今、労力が必要な教育制度変更が必要ですか?
6月再開、或いはオンライン授業導入による部分再開など現実的なところで準備を進めるだけでも現場は大変です。勿論、6月再開かは収束状況次第ですよ。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「これって、各学校の2年生以上も9月進級扱いなのでしょうか
それだと、下宿費用が半年分、追加でかかるのが痛いです。

世界標準と合うって意見がありますが、今度は他国が4月入学を導入するかもしれませんね。」という意見と
「うちの自治体は最初からずっと感染者0なんだけど他に合わせて一律で休校にする意味あんのかな?電車無くて車が無いと移動できないとこだから感染が広がらないんだと思う。」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

スポンサーリンク

9月入学 実現 可能性のネットの声は?その他

9月入学制と、それを今年度から適用することの是非は分けて議論しなければいけませんね。

個人的には9月入学賛成です。同時にオンラインの整備をすすめ、9月以降も流行がおさまらないのであれば、そこからきちんとオンライン授業を開始すべきです。
グローバルスタンダードからは1年遅れるかもしれませんが、正直たった1年です。現在欧州在住で、幼稚園児、小学生、中学生の子供がインターに通っておりますが、日本の教育は改めて素晴らしいと身をもって感じております。
1年世界から学年が遅れたとしても、遅れを取り戻せる程の知識を学ぶことができるレベルです!もちろんグローバルスタンダードに近づけるべく、飛び級、留年もあって良いかと思います。
今の高校生、大学生の学費の件に関しては国、市町村がいかに動くかにかかるかもしれませんが。

各国は第二次世界大戦レベルの戦いであると言っています。それ程の変化が必要な時ではないでしょうか。

て事は?
後4ヶ月休校て事ですか?
ただでさえ
丸2ヶ月休校
命が最優先なのはわかりますが
学力もですが
このまんまでは
友達との交流もないし
運動不足
仕方ないとはわかってはいるけど
この際
ハッキリして欲しい

決まりました。
が欲しい

中3の親ですが、このままでは経済格差が学力格差に直結して、教育を等しく受ける権利が損なわれます。また、新入生は友達や先生と交流する機会なしに過ごすことにもなります。いろいろ問題もあるかと思いますが、今しか変えることは出来ないと思います。以前、東大も提言していますし、経済界も歓迎しています。

9月から開始できる確証はない。
いま、この時期に議論する必要なし。

入学・始業を9月に“早める”のではなく9月に“遅らせる”というのは、海外と比較し、日本人全員強制的に1学年遅れるということ。それこそ「グローバル化」や「優秀な留学生を招くことができる」とは比べ物にならないくらいの経済的損失です。海外は5才から、日本は7才から小学生という人もでてきます。それこそ子ども時代の学びの機会を奪っている。

9月新学期制で手が回らなくなる?逆です。

小出し小出しの休校要請で手が回らなくなっているのが現場です。

いい加減にして下さい

半年早めて9月入学ならグローバルスタンダードだか、半年遅れの9月入学は大学卒業が23歳という1年遅れの、世界標準より下のスタンダード。

1年遅れは世界標準から周回遅れ。学習の遅れも自動的に周回遅れになる。

何も考えてない拙速な政策に反対。コロナ対策の失敗から話をすり替えてるだけ。

高校3年生の人たちや大学4年生など当事者は、たまったもんじゃ無いと思います。また、その親も同様です。下宿している大学生に仕送りする期間が半年伸びたらいくら余計に必要かわからないでしょう。
今、賛成している知事達は、その辺を理解していなく、自分達の腹が痛まないから国民受けする案で統一しているだけに見える。
現役生達の意見を一番尊重すべきです。

9月までに特効薬ができるとは思えないけどね。

スポンサーリンク

9月入学 実現 可能性おわりに

今回は9月入学 実現 可能性に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の9月入学 実現 可能性は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「高校生、大学生の保護者として絶対反対です。これ以上学費支払いなんてできません。コロナ絡めて議論しないでほしいです。もっと今やるべきことからきちんと対策してほしい。医療問題、オンライン環境整備、まず、足もとから対策してほしい。」
「ワクチンなくして、学校の再開はあり得ない。」

あくまでも個人的意見ですが。

今回9月入学 実現 可能性について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事